ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

引き出し 

 

まれに「先生が何も言ってくれない」という相談メール(?)をもらうことがある。むろん、攻撃メールや意地悪メールよりはいいのだが、返答には困る。僕などではなく、それは先生に向けられるべき相談事だとも思う。

「ここ、弾けないんです」「脱力してないからじゃない?」弾けない原因が脱力不足、それが事実だったとしても、やはりそこで終わってしまっては生徒は困る。「じゃあ、どうするんですか?」「それはね・・・」というところまでは教えてほしい。

「なんだかただ弾いているというか?歌えていないというか?」「もっと心を込めて歌ってみましょう」それが難しいから先生に相談しているわけで・・・

昔は「酷い先生もいるんだな」ぐらいにしか思わなかった。非難(?)の矛先はメール主の先生に向けられていた。今は「生徒も考えようよ」という要素も少しだけ感じたりもする。考えるというか、引き出しを作り、細切れでもいいから、情報なり気づいたこと、感じたことなどを放り込んでおく。すぐには答えは見つからないかもしれないが、ある時、バラバラだった情報がつながることもあるかもしれないではないか。

ある演奏を聴いて「いいな・・・」と思った。それだけで流してしまわずに、「どこが?」「なぜ?」みたいなことを少しだけ止まって感じてみる。答えを出そうとはしなくてもいい。○○奏法だから・・・みたいな答えを探そうとはしない。ただ放り込んでおく。

各々の課題、苦手要素、得意要素、それは人それぞれではないだろうか?その割には毎日の練習方法というもの、奏法というもの、それらのものは一律であったりはしないだろうか?本に書いてあったから、ネットで読んだから・・・ではなく、オーダーメイドの練習方法も必要なのではないだろうか?

「指が動かないから」「メカニックに弱いから」という理由、もしかしたら思い込みだけで、決まったように「ハノン」「チェルニー」などをワシワシと弾いたりはしていないだろうか?日課となっていないだろうか?「まだ弾けない、練習時間が足りないんだわ」

オーダーメイド、もしかしたらチェルニーやハノンをワシワシ・・・では解決しないこと、そのような問題点もそれで無理やり解決しようと頑張っていないだろうか?もしかしたら「人それぞれ」の課題があるのかもしれない。練習方法も人それぞれ・・・かもしれない。純粋なメカニカルな問題だと本人は思っていても、本当は、もしかしたら「音楽の捉え方」「フレーズの感じ方」みたいなことに問題があるのかもしれない。

診断だけではなく処方箋を書いて欲しい、ピアノの先生にはぜひ望むことだ。これは今でも変わらない思いだ。でも生徒もただ受け身でいるのではなく、引き出しの中に感じたこと、情報などを入れておくことぐらいはしておくべきだろうと思う。

ある演奏を聴いて「あっ、いいな」と感じた、それはとても大きなことだと思う。あなたが感じた、そこが重要だ。ピアノを弾くのは「あなた」なのだから。自分でいいなと思った要素は、ぜひ引き出しに放り込んでおこう。いつか、その情報、感じたこと、つまり放り込んであるもの同士がある日リンクするかもしれない。

「右手が軽やか」「アコーディオンとピアノはタッチ感覚が違うから」「ピアノでも応用できるかも」「もしかしたら私鍵盤の底まで押しすぎてる?」「でもピアノって鍵盤の底まで弾かなくてはいけないんでしょ?」「このおじさん、楽しそうに弾いている、いいな」「自分は音楽が好き、それが伝わるような演奏が自分でもできるといいな」「でもそんなことプロが思うことなのでは?」「横のメロディーの流れが素敵な感じ?」「一生懸命さが伝わるのっていいことではないのかも?」

すべてを引き出しに放り込んでおく。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

自分で自分を差別しない 

 

大人のピアノコース・・・みたいな言葉はあるが、わざわざ「子どものピアノコース」などとはあまり言わない。ピアノは子どもが習うというのが世間一般では普通の感覚なのだろう。教室の発表会などでも「子どもの中に大人が一人」みたいなことはあるらしいが、大人の中に子どもが・・・ということはあまりないみたいだ。

でもピアノの曲って大人対象のものばかり。ショパンのスケルツォ、子どもを想定してショパンが書いたとは思えない。子ども用の曲の場合、作曲家は、わざわざ「子どものための・・・」とタイトルに書いたりする。これは普通はピアノ曲は大人のもの・・・というのが前提にあるのだ。ピアノは本来、大人のためのもの、そう考えると、人生本番で楽しむ前に「辞めました」というのも、おかしな話だ。前哨戦というか、準備段階で挫折してしまうなんて・・・

将来、ピアノ教室のホームページやピアノ教師ブログで「大人のピアノ」という表現がなくなっていけばいいと思う。ピアノは大人のためのものなのだから。あえて「子どもの生徒もいます」「子どものコースもあります」みたいな表現が普通になればいいのに。

そうなるためには、というか、そのようなことを夢想するのであれば、大人自身が自分についての年齢差別をしなくなればいいのだと思う。「もう歳だから・・・」「大人から始めると指が動かないのね」とか、それをしない。年齢で自分を差別しない・・・

それぞれの多様な価値観・・・そのようなものが普通になっていけばいいなと思う。芸能人の婚約会見、結婚式、「お子様は何人の予定ですか?」生むと決めてかかっている。生まない喜びという人生だってあるのに。結婚しない選択、喜びというものだってあるのだ。

話題がそれまくりですね。年齢についても差別しない世の中になればいいなと思う。

「75歳です、ピアノを始めようと思います」これが普通になればいいなと。ボケ防止とか脳科学の観点からとか、副産物目的ではなく、人生を満喫するためのピアノ。そんな世の中になればいい。

この人は77歳から声楽を習い始めた。習い始めて半年。舞台で「帰れソレントへ」を歌っている。素晴らしい・・・声楽は身体が楽器だから、ピアノよりも年齢とか、加齢というものが関わってくるはずだ。でもそれが普通・・・となっていけばいい。

一人のソレント人は、この人の「帰れソレントへ」を非常に高く評価している。でもそれが普通なのだ。

マチュアというのは、人生で最も喜ばしいことなのではないだろうか?

kaz




にほんブログ村


人気ブログランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

帰れソレントへ 2 「アモーレ民族」 

 

ルカに言わせれば、日本人はイタリア人に次いで感傷的な民族であり、イタリア人に次いでアモーレ民族なのだそうだ。「イタリア人と日本人は兄弟なんだ」そうかぁ?

日本人ピアニストとイタリア人ピアニスト、少なくとも似ていないがなぁ・・・などと思う。日本人はイタリア人に次いで感傷過多なのだそうだが、そこはサムライ精神で自分自身を律するのだそうだ。そうかぁ?

「帰れソレントへ」の音源についても、素晴らしいのはイタリア人に次いで(!!!)日本人の歌唱なのだそうだ。ルカは二つの音源を僕に紹介してくれた。そのうちの一つは僕も知っていたが、もう一つは知らなかった。

日本人の演奏、ユーチューブの演奏をイタリア人、それもソレント人に教えてもらうというのも、なんだか変な感じではある。日本の印象って、「寿司」とか「芸者」とか「自動車」「精密機器」のようなものを西洋人は連想するのだと思ったが、感傷的、アモーレの人と連想する人もいるのが嬉しいような、恥ずかしいような?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

帰れソレントへ 1 

 

ソレント出身のルカは自称「ソレント博士」なのだそうで、「帰れソレントへ」も我が故郷の曲、多くの音源を聴いているのだそうだ。彼の一押しは、やはりナポレターナの大御所、クラウディオ・ビルラの歌唱。

聴いてみると、「演歌みた~い」というのが第一印象。この濃さがいいのかな?

この曲、昔は(今も?)学習指導要領の共通教材になっていたような?音楽の授業で習ったような記憶がある。授業でフェルマータの意味を習ったのだと思う。「ハイ、この音符はフェルマータなので伸ばしましょう」みたいな?皆で斉唱するのだから、「ハイ、〇拍伸ばしましょう」のようになるのだろうが、本場の歌とはかなり違っていたような?

歌詞は日本語訳だったように思うが、全く記憶にない。長い間、風光明媚なソレントの風景を歌った曲だと思っていたが、ちょっと違うんだね。まぁ、ソレント宣伝みたいな目的で作られた曲らしいのだが、そこに必ず「アモーレ」要素が入っているのがイタリアらしいところだ。

♪ 
美しい海、感傷を誘う
風はオレンジの香りを運び、その香しさが恋心に沁みる

君は僕に言ったよね?「さようなら」と
僕を見捨て、僕の心を捨てたんだ
僕を置き去りにして・・・

行かないで・・・
これ以上僕を苦しめないで
ああ、ソレントへ帰ってきて・・・

やはり詞も「演歌みた~い」と思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

タッチ前の瞬間準備 

 

指を上げて振り下ろす場合、それこそ重力の法則で鍵盤に指先が「当たる」という感じになるので、ニュアンスが乏しくなる。この場合、聴いている方は「基音の連続ばかりを聴かされている」と感じる。これがバタバタしているな・・・と感じる一因だろうとも思う。このような演奏は、拙い場合は「ただ音符を並べている」のように感じるのかもしれないし、練習を重ね、それなりに弾けるようになった場合でも、なんというか、「ご説明演奏」のように聴こえてきたりもする。「ここは第二主題なんですよ~」みたいな?形式を外側から攻めている演奏というのだろうか?演奏者自身はどこへ?このような曲なんですと説明されているような?あなた自身は・・・みたいな?

腕というか、身体をマックス利用のような演奏は、音そのものの立ちあがりというか、テンションに欠けてくるようにも思う。演奏、サウンドが「面」すぎるというか?心地よく流れていく・・・みたいなところは、指弾きにはない魅力だが、聴いている側のテンションを奪うまではいかないというか?どこかラウンジで鳴っている癒しムード系。やはり、やはり「面」だけではない集中された「点」みたいな瞬間も欲しいような?この部分は言葉では説明するのが非常に難しいところだ。

バーブラ・ストライサンドが同じ曲を歌っている。実際のミュージカルの舞台で、少女がバーブラのようなアダルトな魅力満載で歌うのは都合が悪いだろうが、バーブラの歌声にはあるものが存在している。それは準備・・・であるように思う。ピアノだと、弾く前に鍵盤に指を置いておく・・・のようなことが徹底されている。

この曲に限らずだが、バーブラの歌い方の特色の一つとして、考え抜かれ、準備をしてから発音、発声している・・・ということがある。発音のニュアンスもそうだし、楽譜が4度、5度という音程を成していれば、それをただ流して歌ってしまうのではなく、それに対しての意識があり、その意識を歌声(音表情)として聴き手に伝えられている。

ド~ラという音程の場合、ラの音にパコン(?)と行ってしまうのではなく、入念な準備がある。考え抜かれているはずだが、いかにもその場で思いつきました的な自然さがある。同じ音が連続する場合の言葉(単語)のニュアンスなど、卒倒ものだ。

ピアノの場合も、このような「点」的なテンションが欲しくなるのだ。紫色の煙草の煙の奥から邪魔にならないようにアンニュイでジャジーな歌声が聴こえてくる、お酒にピッタリだわ・・・ではなく、音表情として決然たる意思、テンションが含まれていて欲しい。ピアノ演奏でも、これが欲しいのだ。かといって基音ばかりバタバタ聴こえてきても困るのだ。このあたりの悩ましさ・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top