ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

教師ポリシーを音大で・・・ 

 

WP201J バスティンピアノベーシックス ピアノ(ピアノのおけいこ) レベル1WP201J バスティンピアノベーシックス ピアノ(ピアノのおけいこ) レベル1
(2009/05/16)
James Bastien

商品詳細を見る


教育課ではない音楽大学のピアノ科、ここでの目的は一応「演奏家育成」ということになっているのではないだろうか?実際には音大を卒業して演奏をメインに活動していける人は皆無に近いのだとしても・・・

毎週行われるレッスンでは、いわゆる専門的なピアノのレッスンが行われているのでは?学生のピアノ技量のアップということが目的とされたレッスン・・・つまりアカデミックな場なのだろう。音大のピアノ科というところは。

昔からだと思うが、実際には、それは「現場」「現実」というものに対応してはいない。アカデミックな場と割り切ればそれでいいのだと思うが、卒業して戸惑う人も多かろうと思う。

そもそも「教職課程」というものも現実的ではない。「まっ、一応教職の免許があれば・・・」というのは、それこそ大昔の話ではないだろうか?実際に教員採用試験、各都道府県の倍率、調べてみたら実態が分かる。音楽の教員は10倍・・・というのはいい方で、50倍とか・・・信じられないような狭き門なのだ。

多くの音大卒業生は、ピアノを教えるという職業を選択するのだと思う。大手楽器店の講師は、手取りが少ない。講師は社員ではないので、保険だって社会保険じゃないんだよ・・・

自宅で教室を開く・・・

ここの部分を考えてみたい。各大学の卒業生の進路を調査してみると、大学により差はあるが(進学とか留学が多い大学もある)自宅でのピアノ教室という進路を選択する人が多い。厳密には「選択」ではないのかもしれないが・・・

世のセミナーブーム、常々感じているのだが、これはピアノ教師向けのセミナーだ。これを音大で行ってみるにはどうだろう?「教室経営」「教材研究」「コーチング」「発表会運営」「生徒が持続できるレッスン方法」・・・本来はこのような内容は「将来の街のピアノ教師」に教えてあげるべきものだと思うのだがどうだろう?

ピアノ指導法、教室運営のノウハウを教わらないでおいて、いきなり「本物の幼児や小学生」を相手にレッスンをするというのも酷な話ではないだろうか?

一般的な感覚からすると、世のセミナーの内容、新米教師ならまだしも、教師歴5年とか、10年という人が喜々として「○○先生のセミナーに行ってきましたぁ・・・」というのは、危機感を覚える。「アンテナを張り巡らし、いつも新しい情報を・・・」というのは、これはあくまでもピアノ教師側の感覚だと思う。一般的には通用しない感覚だと僕は思う。一般的には「セミナーもいいけど、あなたは5年、10年、どのようなスタンスで教えてきたのですか?それぐらいの年月、プロとして教えてきたのだったら、自分なりのポリシーというものはないのですか?」という感覚が普通だと思うのだ。

自分はここが得意、でもここは苦手・・・ということは誰でもある。その各々の苦手克服という意味合いを、最近のセミナーブームは超えてしまっているように感じる。もし、こんな医師がいたらどうだろう?毎月のように、「○○先生のセミナーを受講してきました。勉強になりました」という記事をブログなどに書く医師がいたとしたら、僕はこの医師はあまり信用できない。僕だったらセミナー好きの外科医に自分の身体は切らせないな・・・

なので、音大でカリスマ教師たちはセミナーを行ってみたらどうだろう?「未来の街の教師対象」セミナーだ。でも、一つのノウハウ、考えにワーッと群がってしまうことにもなりかねないので逆の発想をする講師のセミナーとセットで行うのだ。例えば、発表会セミナーだったら、企画満載、出し物満載発表会の先生のセミナーと、あくまでも生徒のリサイタル、真剣勝負の場・・・のような考えを持つ先生のセミナーの両方を開催する・・・

このままだと近い将来、潰れる音大が出てくる可能性だってあるかもしれない・・・

kaz

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top