ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

教えすぎなのか、それとも教えていないのか 

 

クラシック音楽は、多くの人が再現するものと認識しているのだと思う。楽譜をしっかりと読んで、指を動かして練習して、そしてレッスンに挑む。そして色々と直される。そのくり返し・・・

もしかしたら、聴いている人を「ハッ」とさせてしまう演奏って、何かしら才能のある人、もしくは専門に進むような人、超上級者だけに許された特権(?)のようなものと思っている人もいるのかもしれない。

ある程度弾けるようになってから、表情をつける・・・

なんとなく自分のピアノって、ただ弾いているだけのように感じる・・・

でも思うのだ。「まっ、弾けていないわけだし、まずは弾けるようになってから考えよう」と。

もしかしたら、ピアノは「楽譜の再現」という側面だけではなく、自分の中にある「理想のサウンド」のようなものが、弾く前から存在していて、それを表出するという面もあるのではないだろうか?楽譜を読んで、頭の中の理想サウンドがゼロの状態から練習し、弾けるようになって、先生に作ってもらうとかではなく、「どのように弾きたいか」という理想形は弾く以前に存在しているのが本来の姿なのではないか・・・

有名音大の卒業演奏やコンクールでの演奏を聴いても、そのことは感じる。「この人は何を表現したいのだろう?」と。昔のようにロボットのように弾くということは、現在では最も敬遠される弾き方だから、皆一応「表現はつけている」のだが、どこか借り物というか、皆同じというか・・・たしかに表面上は達者に弾いているのだが・・・

簡単に言うと、聴き手としては「ハッ」とさせられる演奏というものが実に少ない。これは音大生レベル、初心者レベル関係なく感じることだ。

どのような教材を使用するにしても、「理想のサウンド」が初めにあって、それを「表出する」という順番を導入期から行う必要があるのかもしれない。

「ただ弾いてしまうのよねぇ・・・」「リズムを機械的に刻んでしまうのねぇ・・・」「練習はしてくるんだけど、表現力がねぇ・・・」と生徒の演奏で悩んでいる先生も多そうだ。

ソルフェージュ、セオリーの必要性もあろう。今では総合的なピアノレッスンも盛んだと思われる。即興演奏を目指してみたり、全調で弾かせてみたり、コード譜を導入してみたり・・・

そのような「総合力」を身につけることが目的なのだろうか?そうではないと思う。身につけることによって、「楽譜」=「練習」=「音にしてみました・音を並べてみました」ということではなく、「自分の理想サウンド」=「練習」=「レッスンで修正」=「完成」という手順にするために総合力が必要なのではないだろうか?

本来は、理想サウンドがまず必要であるのでは、というよりも、そもそも自分の理想サウンドというものが存在しなければ、「ピアノを弾いてみたい」という動機づけにもならないのでは?

課題をレッスンで先生に貰って、真っ白の状態で自宅で一生懸命に練習して・・・という繰り返しでもピアノを習っているということになるのだろうか?なるのだろうが・・・

この人は独学なのだそうだ。中学生の時、教室にあった壊れたピアノで同級生から「トルコ行進曲」の弾き方を教えてもらったのがピアノとの出逢い・・・

むろん、すぐには弾けなかったのだろうが、「弾いてみたい」「表現してみたい」という欲求がピアノとの出逢いで芽生えたのに違いない。以来、この人は独学でピアノを弾いてきた。仕事の合間に練習しながら・・・

独学は難しい。弾き方については、ピアノの先生だったら「突っ込みどころ満載」の演奏なのかもしれないし、もしかしたら独学ならではの「遠回り」もしているのかもしれないが、この人の演奏には達者な音大生にもないものがある。それは「ハッ」と聴いてしまう・・・という演奏になければならない基本のイロハのようなもの・・・

弾く前から、この人には「このように演奏したい」という理想のサウンドが存在しているのだと思う。

「ただ音を並べてみました」という演奏は、何か発想の順番が違うような気がする。

教えすぎなのか、それとも全く教えていないのか・・・

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

category: レッスン

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top