FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

幼児並みの思考回路 

 

Magic of SatieMagic of Satie
(2002/08/26)
Jean-Yves Thibaudet

商品詳細を見る


このブログにはユーチューブの貼り付けが多いけれども、その理由として、自分の好きな演奏や曲を、僕自身が読んでいる人と共有したいと感じるからだと思う。「共有」と書くと、なんだか格好いいのだけれど、要は、幼児が「ねぇ、ママ、見て見て・・・」と声を張り上げる時の、あの時の思考回路にほとんど近いのだと思う。

では、自分が演奏する時はどうなのだろう?基本的には、同じだと思う。「ねぇ、この曲のこの部分の響き、リズム、聴いて聴いて・・・」という幼児並みの思考回路で弾いているのだと思う。

そこには、「自分は上手く弾きたい!」という、通常、人が演奏時に願うようなことは、頭にはない。もっとも、演奏が上手くいっている時にしか、このような幼児思考にはならない。多くの場合は、人前での演奏では「こんなはずでは・・・」と焦りながら弾いているので、「聴いて聴いて!」というよりは、「ああ、ここもダメだ。ああ、またはずしたし・・・」のように、絶えず「自分の出来」というものを感じながら、意識しながら演奏していると思う。なので、多くの場合は、自分の演奏に対しては満足感というものを感じることはない。

では、何故弾く???

やはり、それは「ねぇ、聴いて聴いて!」のような思考回路になるのが自分は好きなのだろう。だから、人前で弾く。つまりは、僕の思考回路は幼児と同じなわけですね。幼児になりたいから弾く???

サティの音楽は嫌いでも苦手でもないけれど、まぁ、「同じ雰囲気の曲が続くなぁ・・・」という印象は持っているかもしれない。CDでならいいのだけれど、演奏会でサティばかり何曲も演奏されたら、やはり僕は辛いと感じると思う。

楽譜は、とてもシンプル。リズムも繰り返しが多いというか・・・

この種の曲は、上手く演奏しないと、いかにも「ただ弾いています!」「私の演奏は平坦です!」のような演奏になってしまうと思う。そのような意味ではサティの曲は難曲だ。派手で難しい埋め草パッセージで聴く人を幻惑させることができないから・・・

そのような意味で、このティボーデの演奏は素晴らしいと思う。同じリズムが続くけれど、その処理とか、メロディーと伴奏との音質の差を、タッチによるコントロールで表現しているとか、メロディーを洒落た感覚で扱うとか・・・

このような演奏を聴くと、僕の中の「幼児回路」が騒ぎ出す。「ねぇ、みんな聴いて聴いて・・・」と。

僕の中の「幼児」の部分がピアノを弾かせ、聴かせているのだと思う。

僕は幼児並みなのだ。

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



category: Jean-Yves Thibaudet

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top