FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

相互作用の演奏 

 

ジャン=イヴ・ティボーデというピアニストに最近は注目している。何枚かCDを所有していて、以前に確実に聴いたはずなのだけれど、印象に残っていない。僕の愛好家としての趣味としては、別の所にいる人・・・という認識だった。しかし、最近は、ラフマニノフ~カぺル~ワイセンベルク~ハフ・・・という線上にいるピアニストと感じるようになってきた。

このティボーデと、「エル・システム」の、ある青少年オーケストラとの共演の映像がある。この演奏が、とても熱い。

オーケストラと指揮者は、若い、爆発するような音楽へのエネルギーを発散し、どちらかといえば「冷静」なティボーデも、とても熱くなっている。

また、ジャン=イヴ・ティボーデというプロのピアニストの技量と芸術性が、若いオーケストラのメンバーに伝わり、オーケストラは「熱さ」「若さ」だけではない何かを表出しているようにも感じる。

演奏というものの「相互作用」とでも表現したらいいのだろうか・・・

変な言い方だけれど、演奏者同士の「やりとり」の「見える」演奏・・・そんな感じだ。

ティボーデはゲイであることを公にしているし、衣装もヴェルサーチやヴィヴィアン・ウエストウッド・・・と凝っていたりするので、そのようなことばかり話題になるのは残念だと思う。

kaz




にほんブログ村
スポンサーサイト



category: Jean-Yves Thibaudet

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top