FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

She 

 

トレネ~ワイセンベルク編曲の「4月にパリで」を練習しながら、過去の一場面を思い出したりしていた。

「あの国はね、もうだめなんだよ・・・だめなんだ・・・」ポーランド人の友人はマンハッタンのビル群を見ながら、そう呟いた。彼はポーランドからの移民ということになる。ユダヤ人でもあった。アメリカに渡ったのは、日本でも「ワレサ議長」とか「連帯」とかいう言葉が新聞やテレビニュースで盛んに出ていた頃。

「だめなんだ・・・」その時の彼の表情は、遠くを見つめ、微かに微笑んでいたように思う。そして目を閉じ自分の殻に入り込んでしまった。

その時の僕は、彼の心情を理解できなかった。「祖国を想っているんだろう」ぐらいで。彼は、その時自分を許せなかったのかな・・・と今は思う。自分だけが自由を求めてアメリカにやってきた。そして自由を感じている。自分だけが。おそらく、観光旅行のような気軽な出国ではなかったはずだ。国を捨てる、親族を捨てる・・・彼の場合は年老いた父親をポーランドに残してきている。

「自分の今の自由は愛する祖国と父を裏切ったから存在している・・・」

ワイセンベルクも祖国ブルガリアを捨てた人だ。強制収容所の経験もある。パリの平和な光景を見ながら、やはり思ったのではないだろうか?「あの国はもうだめなんだ・・・」そして「自分だけが自由に生きている・・・」と。

トレネの「4月にパリで」はシャンソンだ。練習しながら、ある曲が頭から離れなくなった。エルヴィス・コステロの「She」という曲。この曲はシャンソン歌手、アズナヴールの曲。コステロはカバーしていることになる。シャンソンつながり・・・ということなのだろうか?だからコステロの「She」が頭から離れない?本家アズナヴールの「She」は頭の中で鳴らないんだよね。どうしてだろう?

この動画の中のコステロの表情なのだと思った。ポーランド人の友人が、マンハッタンの空と摩天楼を見つめながら「あの国はね、もうだめなんだよ・・・」と呟いた時の表情が、歌っている時のコステロの表情と同じなのだ。どこか微かに微笑みながら、瞳を閉じた一瞬に絶望的なまでの哀しみがある。そして微笑みでそれを隠してしまう。自分の殻に閉じこもってしまう。

人間って、本当に哀しい時には微笑むんだ・・・

30日に「4月にパリで」を弾く時には、僕は空想に浸ろうと思う。作話と言ってもいいかもしれない。ワイセンベルクは微笑んだのだ。でも殻には閉じこもらなかった。脱出以来、初めて自分を肯定したのだ。「僕は自由になっていいんだ。僕もパリで幸せになっていいんだ」と。だからトレネのシャンソンをピアノの鍵盤に移したのだと。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。