FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

長所を伸ばす、そのためには自分の長所を認める 

 

日本の10代の少女たち、自分の容姿に自信のある人は、全体の7パーセントなのだそうだ。容姿に自信がある、言葉を変えれば、自分の容姿が好きな人ということになるだろうか?この7パーセントという数値は、世界の中で最も低いのだそうだ。

自分の容姿が好き、これには自己肯定感が必要なのだろうと思う。「私の長所はここだから・・・」と自分を認められる人。たった7パーセントという数値、なんだか他人事ながら、泣きたくなってしまう気分だ。

一応、自分を低く評価しておく、これは日本社会を生きていくための術なのかもしれない。「まっ、あれで・・・」とか思われたくない。言われたくない。「私って美しくないから」「私なんて・・・」こう言っておけば安心なのかもしれない。

ピアノも同じかなと思った。「まだまだ弾けてないので」「まだ初心者なので」「私の拙い演奏は置いておいて・・・」等々。自分の演奏を下げておかないと何を言われるか分からない?

できないところ、至らないところ、欠点を直していく。自分に厳しく。それが上達への道。ピアノだけではなく、このような方向性は日本の教育の特徴なのかもしれない。逆発想してみたらどうだろう?「私の長所って?」

欠点を修正していくことも大切なのかもしれないが、ダメダメダメな自分をいつも見つめているだけよりは、素晴らしい自分を肯定して、その長所を伸ばし、増やしていくという考えはどうだろう?心ない人から「まっ、生意気」とか「何様のつもりなのかしらね」などと言われたり、書かれたりするかもしれないが、それがどうだと言うのだろう。そのような人たちは、あなたの人生に責任があるわけではない。自分の人生に責任があるのは自分だけ。自分のことを好きになれると楽しいような気はする。

いきなり自分のリサイタルのことになるけれど、今月30日のリサイタル、残席は、あと9席。つまり、申し込み者数は、すでに51名。もう充分な人数かなとも思う。でも、できるだけ多くの人に聴いてもらいたいという気持ちが正直ある。こう書くと、自分で自分のことを褒めているようだとも感じる。「ただ弾いているとか、そのような演奏ではなく、人の心を動かす何らかの長所が自分の演奏にはある」この自画自賛のような考えを表明してしまうというのは、少なくとも日本ではタブーとされてきたように思う。

他人が言ってくれた、伝えてくれた僕の演奏への褒め言葉、これを自分の宝物にしている。「歌そのもののようなピアノ」「内側から訴えてくるような」「Kazさんて何者ですか?」「泣きながら聴いていました」これは自分の長所なのだろう。むろん、自分の短所も自覚せねばならないが、長所も自覚していいような気がしている。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング



スポンサーサイト

category: リサイタル 2018

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。