FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

小さな反抗心 

 

6月30日のリサイタルのプログラムを執筆(???)中。曲目解説を自分で書くって大変だなと感じている。そのプログラムに、ある一文を入れ込もうかなと実は思っている。「私は電子ピアノで練習しています」と。

よく電子ピアノだと上達しないとか、あれは電化製品で偽物、やはり本物のピアノでないと・・・みたいな文章を見かける。書き手はピアノ教師であることが多い。これって自分の生徒にはいい環境でピアノと接して欲しいという想いからきているのだと解釈している。例えば保護者側が「音が鳴ればなんでもいいんじゃない?どうせプロになるわけでもないんだし・・・」みたいな考えを持っているとしたら「それは違うのでは?」という切実なる想いから書いている。楽器は大切なんですよ・・・と。それは分る。

でも実際には、その人なりに真剣にピアノと向き合っていて、住環境が理由で、日頃電子ピアノで練習している人も相当数存在していると思う。サークル仲間なども、本物のピアノ(?)で練習している人は少数のような気がするし、本物でもサイレント機能でないと・・・という人は多い印象だ。あまりに電子ピアノに対して「たかが電化製品」「偽物」とか「それではダメ」とか言われると、小さな反抗心みたいなものさえ芽生えてきそうだ。

電子ピアノはダメと書いているピアノ教師、電子ピアノで練習しなければならない生徒は教えないということなのだろうか?そのような教室のホームページは見たことはない。また、生徒の練習している楽器によって月謝が変わるという教室のホームページも見たことはない。このあたりどうなっているのだろう?指導は一律ということなのだろうか?教師が電子ピアノの限界を感じているのだったら、本物生徒と電子生徒とで指導内容が一緒というのは変なような気はする。月謝が同じというのも・・・

ピアノ教室の探し方・・・のようなページで、堂々と「一流音大を卒業した先生がいいです。一流音大とは藝大、桐朋・・・」と書き込まれていたりすると、やはり小さな反抗心を感じたりする。「○○音大でリサイタル?笑っちゃう」みたいな文章には、悪意を感じるし、これって一種の差別ではないかとさえ感じてしまう。

○○以外はダメなんです。受けつけません・・・みたいな頑なさって、差別と何が違うのだろう?

リサイタルを聴きに来てくれた人の中で、一人でもいいから「えっ?この人電子ピアノで練習してるの?」という、ある種の驚きを感じてくれたら、僕としては少し嬉しい。演奏の目的はそこではないけれど・・・

「○○音大でリサイタル?」などと書いてしまう人は、おそらく差別に対して鈍感なのだと思う。差別する人は、差別することにも鈍感だし、実は自分が差別されていることにも鈍感だ。日本に住んでいると、欧米のようなダイナミックな(?)差別と遭遇する機会は意外と少ないのかもしれない。

これ、カリフォルニア州での出来事らしい。今時、それもゲイフレンドリーな印象さえあるカリフォルニアでこのようなことがあるなんて・・・

アンチゲイの店での一場面のようだ。

根底にあるものが同じだとしたら、それは切ないし、恐ろしい。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 6

△top

コメント

 

kazさん、はじめまして(かな?)
かつといいます。

電子ピアノとピアノを比較した記事について私も記事を書こうと思っていたのですが、本当にそう思います!
住環境を含めひとりひとりにベストな選択があるのに…音の響きを感じられないからダメだと書くのだろうと。
ピアノ教室の探し方もそうです。地方の音大、短大を馬鹿にしたコメントに腹が立ちます(私、無関係ですけど)
kazさんが書いてくれて落ち着きました

かつさん #- | URL | 2018/05/04 09:49 | edit

かつさん

コメントありがとうございます。おそらく、はじめまして・・・なのかと思いますが、かつさんのブログは更新の度に拝読しております。

電子ピアノは、たかが電化製品、本物のピアノの代用にはならない。その考えは一つの考え、感じ方ではあると思うのですが、多くの人が住宅事情から電子ピアノで日頃は練習しているのが事実だと思います。その人たちは「偽物」とか自分の楽器のことを言われたら、どのような気持ちがするでしょうか?そのあたりが気になりますし、電子ピアノの生徒と本物のピアノの生徒で、どう指導を変えていくのでしょう?変えない?変えないとしたら月謝が同じ理由にはなるかもしれません。でも「家電」「本物ではない」楽器だとしたら、指導内容を変えないというもの変な気がします。

なんだかジューサーとフードプロセッサーの機能の違いを説明しているような感覚でアコースティックのピアノと電子ピアノを分けているような気さえしています。電子ピアノで練習している人間にも、音楽への熱い想いはある・・・

kaz #- | URL | 2018/05/04 11:48 | edit

はじめまして こんにちは。かつさんの居候のあずにゃんと申します。
貴方様は大変物腰が柔らかいですが、内容自体はかなり厳しいと思います。(畏怖を感じていましたので何年も前から読み逃げしてきました)
これも人徳なのでしょう。

>電子ピアノで練習しなければならない生徒は教えない

上記のようなピアノ教室はいくらでもあります。

マイルスデイビスなら『ところであんたのショパンは本物なのかい?』
と言うと思います。(これでまたアンチが増えてしまうと…)

あずにゃん #- | URL | 2018/05/05 08:55 | edit

あずにゃんさま

電子ピアノの生徒は教えない・・・これはその先生の考え方、ポリシーなので他人がとやかく言うことでもないと思います。

教師が電子ピアノなんて偽物、アコースティックのピアノでないと上達しないと考えていて、かつ電子ピアノの生徒を教えている場合、どのようなスタンスでレッスンをするのかな・・・と。電子ピアノの生徒は100教えるところを60ぐらいしか言わないとか?だったら謝礼が変わるはずです。そのような教室あるのだろうか・・・と。

電子ピアノはダメ・・・実際には電子ピアノで練習している生徒は、そうでない生徒よりも多いと想像します。だったら、電子ピアノでどうするかを考える方がいいような気がします。それも仕事というか???

kaz #- | URL | 2018/05/05 21:24 | edit

ご丁寧に回答ありがとうございます。私はいつも言葉が足りませんが、
マイルスデイビスはナチュラリストを嫌っていたのです。
つまり現代において『何故エレクトリックの楽器を使用してはいけないのか』、という事です。

私は従来の街のピアノ教師、教育には否定的ですから、生徒は集めたいが
自分の言いなりになるような生徒が良いとか、生活の糧位にしか考えていないでしょう?

ここからは倫理的な問題になるかもしれませんが、電子ピアノ云々もありますが、kaz様が毎回言われている『演奏と音並べの違い』ですが、
それを本人に伝えるべきなのかどうかという事があると思います。

あなたのしていることは演奏ではありませんと言った方が良いのか良くないのかというのはいかがでしょう?

私はこれを『糠喜びと絶望』と読んでいますが、音楽経験なしでピアノを始めた人たちは平均的に2,3年で『アー!今まで自分のして来た事は音楽ではなかった。』と気づく訳です。

私は電子ピアノ賛成派ですが、『演奏と音並べの違い』の方が遥かに重大だと思います。

演奏の生徒は100教えるところを音並べのみは60ぐらいしか言わないとか?だったら謝礼が変わるはずです。そのような教室あるのだろうか・・・と。

私は寺西春雄先生を心の底から尊敬していますが、彼に言わせればこの世の中の街のピアノ教師はほぼ全員が何らかの問題有でしょう。

(これでまたアンチが増えてしまうと…)

私はkaz様のような存在は尊いと思っています。

あずにゃん #- | URL | 2018/05/05 22:27 | edit

あずにゃんさま

「演奏と音並べの違い」生徒に言うべき否か・・・基本的にピアノ教師の役割は音並べを演奏というものに導くのが仕事だと思っています。

もっと感情を込めて歌って・・・」この場合、どこをどうすれば歌っているように弾けるかの具体的なノウハウ。「もっと盛り上げて・・・」盛り上がって聴こえるためには、どこをどうすればいいのか?そうできない場合は、生徒の何が問題なのか?

表現は技術と切り離して考えられたリしますが、そうではなく一体となったものだと思います。表現豊かに聴こえているのには何かしらの理由、ノウハウが存在しているはず。それを伝えるのが教師の役目だと思います。

でもそれができるピアノ教師は少ないのかもしれません。難関音大の先生でさえ、鍵盤の底までカツンとバリバリ弾くというのがピアノ演奏と思いこんでいる人も多そうです。

音並べになってしまう。生徒は気づいている。どうして表現豊かに、素敵に弾けないのだろう?聴いている人がハッとしてしまうような演奏ができないのだろう?心の中では音楽への燃えるような想いがあるのに。どうしてそれを出せないのだろう?

伝達できる教師、具体的なアドバイスのできる教師が少ないのかもしれません。教師がバリバリと音並べ演奏をしていたら、生徒には伝えられないのではないかと思います。教師自身が音楽に焦がれ、悩んでいる必要があるのかもしれません、「歌うように弾くにはどうしたらいいのかしら?」と。

「もっと感情を込めて」とか「歌って~」だったら僕でも言えるかもしれません。ノウハウを持っているかどうか・・・

kaz #- | URL | 2018/05/05 23:31 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。