FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

音楽語、奏法、そして代弁 

 

「なんとなく平坦な演奏になってしまう」

そのような時、何が欠けているのだろう?欠けているとしたらどうすればいいのだろう?「私ってもともとが淡泊な性格だし」そのようなこともあるかもしれないが、平坦になってしまうという自覚、耳があり、なんだかな・・・と思うのであるから、性格とか感性という曖昧なところに落ち着かない方がいいように思う。多忙な日常生活の中でピアノを弾いている、この事実だけでもピアノへの熱い情熱は持っているのでは?だからこそ悩むわけで・・・

僕はピアノ教師ではないので、平坦にならないためのノウハウのようなものを伝える能力はない。その必要性も感じない。生徒がいないわけだから。でも自分なりに留意しているようなことはある。

「ドレミとドミソは違う」・・・ああ、そうですね。鍵盤の位置が違いますね・・・ではなく、ドレミとドミソでは音表情においてのエネルギーが異なる。短い音符と長い音符でも異なる。音符を読む、楽譜を読むの違いとでも言うのだろうか?そこが大雑把だと平坦な演奏になってしまうように思う。譜読みをするとは音符だけを読む・・・のではないというか?音楽語なる、表現に至るまでの楽譜の法則を知るというか?同じ音符が連続していたら、〇回繰り返すのね・・・ではなく、エネルギーが持続しているように弾くのだな・・・みたいな?

エネルギーのような音表情を楽譜から理解したとして、具体的に、指は腕はどうしたらいいのか?いわゆる奏法とか呼ばれるもの。ここが大雑把でも平坦な演奏になってしまうように思う。人に伝わらないというのは、演奏している本人にしては辛いものがあるのではないだろうか?個人的感覚からすると、多くの人が「下方向」だけ頑張っているような感じだ。むろん「ぶっ叩く」という弾き方はそうなるのだろうが、そこまでではなくても、方向性として下しかない弾き方だと表現として伝わりにくい。つまり平坦になりがちだと思う。鍵盤を下に押すので、下方向にはなるのだが、タッチポイントというのだろうか、鍵盤の底に到達するまでの微妙なポイントなるところを探す弾き方がいいのではないだろうか?タッチをする、つまり一つの音を弾く、動作としては、下方向だけではなく、次の音の準備も必要に思う、下方向だけではなく、上方向とか横方向もタッチした直後に必要というか?この感覚が鈍感だと、いくら頭の中で理想のサウンド、表現というものがあったとしても、音として、音表情として表出できないように思う。つまり準備が必要ということ。なんだかな・・・という箇所、移動と同時にタッチしていることが多いのではないだろうか?待って準備をする、その感覚が表現力を生むような気がする。

雁部一浩著「ピアノの知識と演奏」という本に次のような一節がある。「演奏という行為は作品にアプローチして作曲家の思いを代弁するという図式に捉えがちですが、真相はその逆で、作曲家(作品)が私たちの切なる思いを代弁してくれているのではないでしょうか?私たちの内面に在るものを彼らが見事に書いてくれているからこそ作品への共感というものが生じるのであれば、演奏とは他者の作品を借りて自らの思いを表現する行為ということになります。したがって、如何に天才的な作品を弾いてみたところで、所詮は自らの内面に見合った内容しか表現することは出来ません」

音楽語のようなものを楽譜から読み取る、そしてそれを具体的に伝えるための弾き方、そして自分の中にあるものを曲が代弁してくれているわけだから、そこを見つめてみる。

現代の演奏の傾向としては、ザハリヒな考え、原典至上主義のようなものを僕は感じる。むろん、ドレミをドレファと演奏することは許されないのは分かる。でも我々の人生、感情なるものは、作曲家の作品、つまり芸術と比較すれば、虫けらのような、小さな存在なのだろうか?生きてきたその生きざま、そこから生じる「切ない」「嬉しい」のような様々な感情、それを演奏が作品が代弁してくれたからこそ、その曲を弾いている自分がいるのでは?

ジョンさんの演奏。トレネ~ワイセンベルクの「4月にパリで」を弾いている。下方向だけではなく、次の音の準備、つまり用意してからのタッチのようなものが、もう少しあると、表現として聴き手に、より伝わるのではないかとも正直感じる。でもションさんは自分の感情を代弁してくれた作品を、代弁してくれた諸要素を見事に表出しているようにも思う。この演奏には惹かれる。それは聴き手として、ジョンさんの切なさ、そのような感情を作品を通して人間として共感できるから。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。