FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

一般人って??? 

 

最近人様のブログを読んでいて、心がザワザワ、ハラハラしてしまうことが続いた。このような文章を読んだ。

「一般人には演奏レベルの細かな違いは分からない」というもの。一般人、それはクラシック音楽と日常生活に接点というものがない人・・・という意味なのだろう。スーパーで「今夜はサバにしようかしら。塩焼き?それとも味噌煮?」と悩んでいる人が、その時にマーラーの深遠さについて考えていることは、まずないだろう。そのようなことを考えずに生活が流れていく人は多いのだろう。サバで迷っている人のすべてが、クラシック音楽の演奏の細かなニュアンスの違いが分からない?そうだろうか?

一般人は、演奏時の、指がはやく動いたりとか、両手で違うことをしたりとか、そのようなことで驚くと。でも演奏の質などのようなものは、そのようなレベルなので、到底感じることなどはできない・・・ということなのだろうか?

「クラシック音楽を極めた私たちには残念なのだが」という文章から、この人がピアノ教師ということが分かった。極めたという言葉を使うというのもなんだか凄いと感じたが、なんとなく「クラシック音楽は一般人には豚に真珠、猫に小判なのよ」と言われているようにも感じてきてしまう。

「いや、いけない」と自分を戒める。人様の文章を否定的に解釈してもいけないのだろうと。おそらくこう言いたいのではないか?クラシック音楽に接点のない一般人である御祖母ちゃん。孫のピアノ演奏を発表会で聴く。「凄いじゃない?指があんなに動いて。あんなに沢山の鍵盤から正しい音を選んでるんでしょ?A子ちゃん、ピアノ上手なのね」みたいな?一般人には演奏レベルの違いはわからない・・・とは、このような状況の事を言っているのでは?そう、好意的に文章は読まなくてはいけないですね。

でも、この文章を書いた人は、ピアノ教師であるので、生徒はいるのだろう。生徒って一般人なのでは?このピアノ教師が人前で演奏するとして、聴き手は一般人なのでは?どのようなスタンスで自分の演奏を磨いていくのだろう?そこは興味深いところだ。

むしろ、指が動いてすごいと感じるのは、ピアノを弾く人なのではないかと。「ワァ、こんな難曲をミスなく、凄い」みたいな感じ方。一般人こそ違うところ、細かなニュアンスを聴くのでは?

クラシック音楽って堅苦しくでつまらない、これは一般人が分からないからではなく、演奏がつまらないからでは?つまり細かなニュアンスを瞬時に感じるから、一般人はクラシック音楽を聴かない・・・

二つの演奏がある。ショスタコーヴィチの「ポルカ」という曲。二人のピアニスト、演奏の方向性というものは著しく異なっていると感じる。一般人は、この違いを感じるのではないか?僕はそう思う。何がどう・・・と説明はできなくても。

どちらのピアニストも固定ファンが存在すると思うので、どちらの演奏を好意的に感じたかは書かない。でも一般人は演奏の細かなニュアンスを感じ取れない、そうは思えない。

kaz






にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top