FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

「あなたは花のよう」ラフマニノフ編 

 

こちらがラフマニノフの「あなたは花のよう」という曲。ラフマニノフ、まだ若いのに、しっかり自分の作風を確立している。もういかにもラフマニノフですね・・・という感じだ。

ロシア語にする際、プレシチューエフという人はドイツ語の「Du」を「Ditja」というロシア語に変えている。意味は英語のBabyなので、原詩よりも子どもに語りかけるというニュアンスが若干強まっているとされている。

ラフマニノフの「あなたは花のよう」・・・ロシア語圏ではよく歌われている印象。でもシューマンほどではない。やはりロシア語というのは歌手にとっては難関になるのだろうか?

歌のメロディーの美しさが際立っているように思うが、ラフマニノフ編は、前奏と後奏のピアノも闊達な感じだ。実に美しい。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: リサイタル 2018

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top