FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

もう私にはメロディーがない 

 

「どうやって作曲をするんだ?もう私にはメロディーがないのだ。何年もライ麦畑のささやき、白樺林のざわめきを聞いていないのだ」

ラフマニノフはアメリカに渡ってから、かなりの期間、作曲をしなかった。メトネルの「何故作曲から離れてしまっているのですか?」という問いにラフマニノフはこう答えたという。

生涯アメリカの市民権を取ることはなかった。常に祖国ロシアに想いを馳せていたのかもしれない。

ピアニストだったラフマニノフ、やはり作品の中心はピアノ・・・ということになるのだろうが、メロディーの宝庫という意味では歌曲になるような気がする。ロシア時代、自分の持つメロディーを、歌曲にすべて注ぎ込んでしまったのかもしれない。

非常に若い頃の作品ということになるのだろう。最も有名なピアノ曲、前奏曲「鐘」の次の作品番号になる。

「乙女よ、歌わないで」 Op.4-4

乙女よ、歌わないでくれ
そのグルジアの哀しい歌を・・・
その歌は私に思い出させるから
遠い彼方の岸辺での過ぎ去った昔を・・・





にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: リサイタル 2018

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top