FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

「チャイコフスキー・コンクール」を柔らかい頭で読む 

 

中村紘子著「チャイコフスキー・コンクール」という本はピアノ教育界に、ある意味衝撃を与えたのではないかと思う。今ではピアノ用語のような感さえある「ハイフィンガー奏法」という言葉も、この本が発祥だったような気がする。かつての恩師、その流派の奏法を否定するような内容でさえあったのでは?そこまでしてでも日本のピアニズム、教育界を変えたかったのかもしれない。

すっかり定着したハイフィンガー奏法という言葉、今では「ハイフィンガーは古いのよ、今は重力奏法よ。さぁ、皆で重力よ」みたいな、皆でワーッとそちらに走っているような?これでは、かつてのハイフィンガー全盛期(?)と同じでは?

「先生は歌うように弾きなさいと言った。自分でも歌えていないなとは思う。でも具体的に何をすればいいんだろう?練習すれば自然と歌えるようになるとは思えない。歌う弾き方ってあるの?そうだとしたら先生は何でそれを具体的に教えて下さらないんだろう?」ピアノの前に座り悩んでいる人、今とても多いんじゃないかな?弾けない困難なパッセージを弾けるようにする、つまりミスなく音を並べる・・・だったら自分でも練習できる。でも歌い方とかって?

ハイフィンガーはダメなんだって。今の流行(?)は重力奏法、脱力奏法なんですって・・・

先生に言われる。「音が固いわね。脱力が足りないわ」そうだとしたら、具体的に何を私は日々の練習ですればいいの?脱力してだけじゃ分からない。固くない音って、どうやったらできるの?私だって柔らかな音で弾きたい。教えて・・・具体的に教えて・・・

「チャイコフスキー・コンクール」で衝撃だったのは、具体的奏法の記述もだが、それ以上に日本人ピアニストにある、ある種の平坦さ、これは文化とか日本人特有のはじらいとか、歴史とか、そのようなことが理由ではなく、基礎的な弾き方に問題があったのだと言い切ったところだろう。「えっ?弾き方?そんな基礎的なこと?」

ハイフィンガー奏法を脱する、それも重要なのかもしれないが、まず最初にこの本から学ぶべきことは、「平坦さ、歌不足のような、人を惹きつけない演奏は、奏者の感受性とか才能とかいうよりことよりは、基本的な弾き方にある」ということかもしれない。

「私ったらダメね」と追い込んでしまう前に「平坦な演奏は弾き方に問題がある。さらにその弾き方を習っていないから」と考えてみたらどうだろう?

具体的な弾き方、それも難しいことなのだろう。練習では、ため息の連続かもしれない。でも「何をしていいのか分からない」よりはマシなのではないだろうか?

この本の読まれ方として、どうも「昔はハイフィンガー、昔のピアニストはたいしたことない」みたいに読んでしまう人が少数存在するようで、それも残念なことだと思う。ダイエットの使用前、使用後のように昔の日本のピアニストと今の日本のピアニストは違うのだ・・・みたいな?これは昔のレベルはたいしたことない・・・みたいなことなのだろうか?「藝大?今の藝大じゃないんでしょ?東京音楽学校じゃない。その頃のレベルなんてたいしたことないよ」とか「フジコ・ヘミング?ハイフィンガーの旧式な昔の弾き方の典型じゃないか?今のレベルとは違うさ」みたいな?

個人的には、昔も素晴らしい人はいた、そう思う。時代がどうであっても。現代のスターでも平坦な演奏をする(と僕が感じる)演奏家はいくらでもいる。ピアノってダイエット薬とも違うし、フィギュアスケートのジャンプとも違う。昔は4回転なんて跳ぶ人はいなかった。でも往年の選手が現代の選手に劣っているとは思えない。

「ああ、音を並べただけ。音楽的に歌うようになんて無理なんだわ。才能ないんだわ」そうではなく弾き方に問題があるのかも?弾き方に直結させるべき楽譜の読み方、捉え方とか、もしかしたら具体的にそのようなことを教えてもらっていないのかも?

「昔の日本人ピアニストなんてたいしたことないのね」そうではなく、自分を表現していた人もいる。

中村紘子著「チャイコフスキー・コンクール」を柔らかな頭で再読してみたらどうだろう?

この人の演奏を知った時はショックですらあった。1950年代の録音。1941年生まれのヴァイオリニスト。父親にヴァイオリンを習い、来日していたハイフェッツに絶賛された。「君、素晴らしいね。ニューヨークで勉強してみないかい?ジュリアードという学校にガラミアンという先生がいる、推薦状を書いてあげよう・・・」

明るい未来が開けているはずだった。でもそうはならなかった。彼は多量の睡眠薬を飲み自殺している。未遂だったが、脳に損傷が残った。ヴァイオリンを弾くことはできなくなった・・・

渡辺茂夫、13歳の時の演奏・・・日本のセピア色も素敵じゃないですか?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング


スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

言葉になりません

もしこの演奏を実際に目の前で耳にしたら、
一生忘れられないというか、ずっとこの音楽にとらわれるような、
心のなかの特別な場所を占められるような、
うまく言えませんが、圧倒的な体験になるんじゃないかと思いました
少し恐ろしくもあります……

nonja #- | URL | 2018/03/02 11:53 | edit

nonjaさま

この人、マイケル・レビンと重なります。薬への依存とか、ガラミアン門下とか、あまりに早熟・・・とか。あとは微妙にハイフェッツが絡んでいることとか・・・

kaz #- | URL | 2018/03/02 15:45 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top