FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

込めるよりも引き出す 

 

多くの人はアムランの演奏するような曲をノーミスで、高速で弾きたいと思っているわけではないと思う。シフラの編曲ものを、シフラ本人よりも10秒速く弾き切りたいとか、そう願っているわけでもないと思う。

「聴いている人がハッと感じるような、そんな表現力を身につけたい」という想いの方が強いのでは?ただ音を並べましたではなく、音楽的に、表現豊かに・・・

音楽的な表現、ややもすると感情を込めて弾くとか、そちら方面に走ってしまうことはないだろうか?心を込めて・・・とか。

演奏者側がウッフ~ン・・・ではなく、逆に、曲の持つ特色、魅力として感じられる諸要素を感じ取り、引き出す・・・みたいな感覚も必要なのではないだろうか?

音楽が魅力あるものとして成り立っている要素を引き出す・・・実はピアノ弾きよりもフィギュアスケーターの方が長けている例もあるような気がする。ピアノ教育界よりもスケート界の方が、技術と表現との関連性をより深く考え、実践できているような?

表現力のあるスケートの演技、恍惚の表情をして、感情を込めれば芸術点が伸びるなんてスケートのコーチ陣は誰も思っていないはずだ。

往年の名選手と言われるスケーターは、音楽の持つ特色を引き出す能力に長けているように感じる。音楽が細かな動きに変化すれば、細かなステップを踏んだり、長い旋律になれば、滑らかに滑ったりとか。音楽と振り付け、実践(滑り、演技)が完全に一致している。そのような演技って「感情を込めて・・・」というよりは、引き出す、落とさずに、流さずに滑りとして具現化しつくすという印象を持つ。

カタリナ・ヴィット、表現力のある名選手として知られている。彼女の演技の中では、このショートプログラムの演技が最も好き。あの有名な「カルメン」よりも。

ただなんとなく感情を込めて・・・ではないような?音楽の細かな特徴、例えば、ちょっとした休符なども流さずに表現している。音楽の変化と振り付け、動きが完璧に調和している。観ている方は「表現力あるなぁ・・・」と感じる。これってヴィットが感情を込めているからだろうか?ウッフ~ンと心を込めて滑っているからだろうか?それもあるのかもしれないが、何かを込めるというよりは、引き出しているという印象を強く持つ。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

今回の記事もなるほどなるほど!と思って読ませていただきました。
ちょうど『音楽的』って具体的にどう言うことだろう?と思っていたので…。
そして『感情を込めるというより、引き出す』というニュアンス、とてもしっくり来ました。
ハッキリと、じゃあ具体的にどこをどうしたらいいのか?と、自分の演奏についての改善点はまだまだよくわかってないけれど、何かが閃いたような気がします。
ありがとうございます。

ね~み♪ #- | URL | 2018/02/23 09:00 | edit

ね~みさま

ドレミ・・・よりもドミソの方がエネルギーを感じる。まず感じることが大切なような気がしています。どちらも視覚的判断で鍵盤をただ押すことはできるけれど。

ドミソのエネルギーを具体的にどうサウンドとして具現化するか、そこに技術というものが絡んでくるような気がしています。でも、まずドミソの飛翔するような感覚を感じなければ、どう表現するかも分からない・・・

kaz #- | URL | 2018/02/23 09:53 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top