FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

チマチマと大雑把、共存してみる・・・ 

 

楽譜を視覚的に読んでいく。「えっと、ドレミ・・・」そして読み取ったドレミを鍵盤で弾く。音が鳴ると嬉しい。憧れの曲が実際に音として再現されていく、興奮のひと時なのではないだろうか?でも実際にはドレミのつもりが、ドレレとかドレファと間違えてしまうことが多い。

部分練習ということになる。多くの場合、ゆっくり練習、リズム練習・・・ということになるのかもしれない。先生から「この部分を丁寧に練習しましょう」などと言われた時、大概は「ゆっくり」「反復」「リズムを変えて」とかになるのかもしれない。

僕の場合、反復とかテンポを落としてゆっくり・・・というよりは、足し算方式のような?説明が非常に難しいパッセージ練習ではある。「ピアニストは語る」(エリス・マック著 音楽之友社)という本の中でアルフレッド・ブレンデルが僕と同じ練習方法を紹介している。僕がブレンデルと同じ・・・という言い方の方がいいかな。

「私がエドワルト・シュトイアマンの教授法で高く買っている点のひとつなのですが、シュトイアマンは生徒にパッセージを速いテンポで練習させるのですが、パッセージを、もっと小さい部分に分けるのです。ある個所をある弾き方で弾きます。次に二番目の部分を弾いて、最初の部分につなげます。ただしテンポはゆるめないで。生徒がそのパッセージを弾き終えるまでこのやり方が続きます」

普通はドレミファソというパッセージを分けずに、ゆっくり弾いたり、リズムを変えたりするのではないだろうか?ドレミファソを細かく分ける。ド、ドレ、ドレミ、ドレミファ・・・のように。音そのものだけではなく、フレーズも同じように足し算方式で加えていく感じだろうか?テンポはゆっくりしないのがコツ。

かなりストイックな練習方法だと自分でも思う。何の曲を練習しているのかは、細部すぎて人は分からないはずだ。まぁ、練習を聴いている人はいないけれど。隙間時間で練習する人は、一度はこのシュトイアマン方式を試みてもいいかもしれない。結構チマチマと辛いです。

このチマチマとしたシュトイアマン方式とは真逆の練習方法、「ワーッと弾き」を最初の譜読みでする。普通は一つ一つの音を読んで、つなげていくのが譜読み。細部を読んで全体にしていくというか?これとは逆に最初に全体をワーッと弾いて、その後にチマチマとシュトイアマン方式に移る。

最初にワーッと・・・パッセージなどは弾けないです。当然。なのでなんちゃって弾きです。でも主要な旋律の流れと、ハーモニーを大雑把に捉えて弾いていく。これは耳コピに近いというよりは、3段譜をピアノで弾く感覚に近い。どこかを端折り、でも曲として成り立っている主要なものは拾って弾いていく。正確に印刷された音を弾いているわけではないので、なんちゃって弾きではあるのかもしれない。

オペラのアリアでも歌曲でもいいけれど、好きな曲を弾いてみる。ピアノ用にアレンジされた楽譜ではなく、声楽用の楽譜。そこにはピアノのパートと歌のパート、3段になっているはずだ。楽譜通りには弾けない。手は3本ないのだから。なので、どこかを適当に(?)省き、省けない音を拾い、ピアノソロの曲のように弾いていく。

これは全体を捉えるという意味で、とてもいい練習になると思う。この感覚でピアノ曲の譜読みする時にも応用してみる。印刷された音を拾う、読む・・・ではなく、全体を読むというか?これだと「一応弾けてから音楽的なことを考える」というよりは、全体構成、全体像をまず捉え、その後そうなるための細部磨きみたいな感覚で練習ができる。細部磨きはシュトイアマン方式に僕の場合はなる。

「イタリア古典歌曲集」みたいな楽譜を買ってくる。厳密にはアリアだけれど、そんなことはどうでもいい。「私を泣かせてください」というヘンデルの曲、シンプルながら3段譜になっているはずだ。これを「ウッフーン」というか、聴いた時の心の動きのまま弾いてみる。ドレミをドレレと弾いてしまっても気にせずに・・・

シュトイアマン方式と歌曲いきなり弾き方式、普通ではないのかもしれないが・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top