FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

本番前夜の呟き 

 

明日はサークルの練習会。正確には新年会だけれど、まぁ、練習会だ。一応人前で暗譜で曲を演奏するので、僕にとっては本番前夜ということになる。

去年の練習会で感じたことがある。家で練習している時と同じように弾くために練習会に参加しているのか?練習の時の70パーセントの出来とか、そのようなことを感じるために、わざわざ希望休を取って練習会に参加しているのか?

大きく首を振りたい感じだ。そうではないと。でも僕だけではないと思うけれど、日頃の練習は大切だと思っている。チマチマと僕もパッセージ練習はする。そして本番で練習の時できていたことができないと、やはり落ち込んだりはする。

日頃の練習に、「音楽的に弾ければいいのよ」「ウッフ~ンと弾ければいいじゃない?」「ミスなんて関係ないんじゃない?」みたいなことを持ち込んでしまうと失敗するような気がするし、それはそれで何かから逃げているような気もする。

なので練習する。でも「練習の時と同じように・・・」と本番直前に願うのは何か違うのではないかと・・・

解明できない謎がある。人のミスは気にならない。「いくつミスしたかしら?」なんて聴き方はしない。でも自分のミスは非常に気になる。その瞬間何かが崩壊したかのような動揺だ。これは何故なのだろう?人のミスは気にならないのだったら、自分のミスも他人はそれほど気にしていないはず。でも本番では「ミスは目立たないのだから・・・」とは思えない。

アルフィー・ボーしか目指していない自分が本番前夜にいる。

アルフィー・ボー・・・元自動車整備士見習いの歌手。「あなた、整備士ではなく歌手でしょ?」と言いたくなるような声だ。実際にそのようなことがあったので、歌手デビューした。理想の声、歌い方ではないかと僕は思う。ちなみに、僕はこの人好きです。

「歌が上手い人」という歌い方、多くの人が、この人の歌唱からそのような要素を感じるだろうと思う。上手い人典型の歌唱と言うのかな?

アルフィー・ボーがいいとか、よくないということではなく、本番前夜の僕は、ある歌手を忘れている。アルフィー・ボーしか見えていない。

続く

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top