FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

他人の耳 

 

「クラシックでダサ~い。だって皆が同じ曲を弾いて楽譜と違ったらいけないんでしょ?誰が弾いても同じに聴こえるし・・・」

誰が弾いても同じではありませんっ!そう言いたいけれど、そして誰が弾いても同じではないと思うけれど、そのようにクラシック音楽の演奏を捉えている人は少なからず存在するということは事実なのだろう。

同じじゃないよ?この人はここでアッチェレランドしているし、この人はあまりしていないでしょ?でも一般人(?)は演奏をそのようには聴かないらしい。もっと大きく捉える。その時聴いた自分の印象を最優先する・・・みたいな?僕もクラシック以外のジャンルの演奏だと、やはり大きく捉えるような気がする。つまり気に入ったか、あるいは退屈だったかで判断することが多い。

クラシック音楽を自分で演奏する人、ここにはアマチュアのピアノ弾きも含まれると思うけれど、特に自分の分野の演奏に関しては細かくチマチマと聴く傾向にあるのかもしれない。でもこんなことはありませんか?自分の演奏のミスタッチやら、1ページ自分で作曲をしてしまったとか(つまり頭真っ白状態?)、そのような演奏を自分でしてしまうと、この世の崩壊とさえ感じたりする。「もう人前でなんて演奏しないっ!」「もう立ち直れない」

でも、人の演奏の場合はどうだろう?自分の時ほどミスは気にならないのでは?「えっ?ミスなんてあった?」やはりクラシックの演奏でも人の演奏の時には、演奏を大きく聴いているのではないだろうか?少なくとも自分の演奏の時よりは・・・

チマチマ聴き、重箱の隅を・・・状態で自分の演奏を聴くことが普通になっていないだろうか?整えばそれで満足か?そのような一見(一聴?)達者で見事な演奏って実に多いのかも?もっと自分が聴き手になった時のような聴き方を自分の演奏の時にも、練習の時にもしていいのかもしれない。「ミスなく弾けるようになったかも。でも今の演奏、聴き手はどう感じるだろう?」みたいな?

細かくチマチマ・・・練習とはそのようなものなのかもしれない。それがいけない・・・というよりは、別の発想も同じく必要なのかもしれないということ。つまり一般人的に大きく曲を捉えたら、今の自分の演奏ってどうなのだろう・・・と。

「そうね。だったら自分の演奏の時も聴いている人はミスなんてあまり気にならないということね。本番での緊張もこれで解決だわ」・・・そうはならないのが悩ましいところだとは思うけれど。

かつて「もうフィギュアスケートは観ない」みたいな文章を書いた。実際にテレビ観戦からも遠ざかっていたのだが、むろんオリンピックも観ないつもりだが、ある人がエラッジ・バルデというスケーターを紹介してくれた。「えっ?知らないの?てっきりkaz好みのスケーターだと思っていたけど?かなりキャリアの長い人だから知っているかとばかり思っていた」

エラッジ・バルデなんて選手、知らないな・・・

カナダの選手のようだ。父親がギニアの人。母親がロシア人。なんともエキゾチックな感じだ。カナダの代表になって世界選手権とかオリンピックに出場、例えばパトリック・チャンのような選手とは異なり、国内の競技会で代表枠に入るような戦績の選手ではなかったみたいだ。もう20代後半の選手で、今年引退したらしい。

バルデ選手の演技、もうこれは「超表現主義」と言ったらいいのだろうか?4回転はプログラムに入っていない。これだけで不利なのかもしれないが、そもそも彼の演技、ジャンプの印象が薄い。表現を変えると、ジャンプ以外の要素に魅せられてしまうのだ。今は4回転をいくつ跳ぶか、4回転決戦のような男子シングルだが、このような選手がいたということは知らなかった。そしてなんだか嬉しくなってしまった。

気づいたのだが、僕はバルデ選手の演技、細かくチマチマと各エレメンツを観たりはしなかった。もう無意識に大きく彼の演技を堪能していた。細かなジャンプのミスもあったのだろう。でもそれが何?「そういえば二度目のルッツでちょっとあったかも。でもそれが何?」という印象だ。

意外と鑑賞者は、チマチマと細かく聴いたり観たりはしない。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング


スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top