FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

音楽語を読む読譜 

 

「グループ上がりの子って練習しないよね?」「楽譜を読まないんじゃお手上げじゃない?」

幾光年も昔、僕が大手の音楽教室特約店で働いていた時(講師としてではありません)、多くのシステム講師から、そのような声を聞いた。ピアノ個人レッスンコースに移ってくる前に、グループレッスンをしていた生徒は楽譜が読めなかったらしい。変に(?)音体験、音のシャワーを浴びてきてしまっているために、「ではソロの曲を・・・」となった時、弾けない。弾けるようにと練習もしない。かつてグループレッスン時代に浴びていたサウンドとは比較にならないほどシンプルな曲なのだが、楽譜を介して音にするという習慣に欠けているため、楽譜を読むことを面倒に感じるらしい。

これは僕も子ども時代、そうだったから分かる。僕はグループレッスンの経験はなかったけれど、楽譜が読めなかった。読めなくてもサウンドとしては想像できるので、「こんなチンタラした曲、やってられるか」という気持ちが強かった。そうなると、耳コピの天才でもない限り、ピアノが苦痛になっていくのではないだろうか?ショパンのバラードやラヴェルのスカルボまで耳コピで弾くことのできる子どもはいいだろうが・・・

変に耳から入ってしまうと、楽譜を読まなくなるという危機感は多くのピアノ教師が感じていることなのかもしれない。自分で楽譜を読んで、とにかく音にして、難しい所は何回も練習して、とにかく弾けるようにさせる。頑張れば頑張るほど、音が多くなっていくし、教則本も難しくなる。ハノン、チェルニー、バッハ、曲・・・学校の勉強もあるし、友達とも遊びたいし、こんなに抱えてられない、私はピアニストになりたいわけじゃないのだ。そして進学を理由にし、辞めていく・・・

現在ピアノを再開している大人組は、楽譜が読めなくて挫折というよりは、途中まで根性で曲を読譜し、音にしてきたけれど、なんとなくそれだけで子ども時代が終わってしまった人たちが多いのではないだろうか?

楽譜が読めない、反対に楽譜を視覚的にだけ、機械的に読み、ただ音にしてきた、どちらも非常にバランスが悪いような気はする。

読譜独り立ち、それは必要かもしれないが、独り立ちの概念が、ただ視覚的読譜で音を並べられるようにする・・・では、それは自立を促すではなく放任ではないだろうか?もし楽譜を読むということが、ただの音並べではなかったら?音符を読むと楽譜を読むというのは、違うことだったら?

「わっ、楽譜には色々なものが詰め込まれているのね?丁寧に読んでいけば、音楽になるのね?」みたいな?音楽的に演奏するための「音楽語」みたいな法則が実は存在していて、それをインプットして、自分の力で音楽的に弾けるようにさせる必要があるのでは?

大人は「かったるいな」と感じても練習はする。弾いてみたい・・・という曲が存在しているだろうし、動機が強い。何かしらの音楽的感動がそこにあったから、大人になって再度「かったるい練習」を覚悟して(?)ピアノを再開した。

一応曲にはできる。あまりつっかえずに憧れの曲を表面的には根性で(?)、憧れで弾いてしまう。でもその先、そこからどうしていいのか分からない。子ども時代、視覚的にだけ読譜をしてきたからかもしれない。

「私、そのまま視覚的読譜で大人になっちゃったパターンだわ・・・」

もう一度子ども時代からやり直せばいいのだ。これはバイエルやチェルニー100番からやり直すということではなく、シンプルな曲を弾いてみる、しかも楽譜から素敵要素を感じ取り、自分の指で再現できるようにすること・・・

「ト調のメヌエット」よりは難易度が高くなるかもしれないが、ボッケリーニの「メヌエット」とか?全音ピアノピースにあるので、購入してみる。最初のシンコペーションがまず萌えどころだ。ただ拍をまたいで弾いています・・・のようには弾かない。単純なスケールの上がり下がりのようなパッセージ、「読譜が楽だわ、ただのスケールね」ではなく、そこに「上がり下がりの音楽語」を感じ取ってみる。等々・・・

日頃は、ボッケリーニよりも数段難しい曲を弾いているはずだ。ショパンとかベートーヴェンのソナタとか。「メヌエット」はただ音にするということだったら、それほどの困難はないはずだ。でもそれだけでは、ただのBGMになってしまう。「違うのよ、もっと・・・そう・・・とにかく素敵に演奏したいのよ」ということだと思う。大人ピアノの悩みはそこなのだ。

巨匠はどう演奏しているだろう?ダニール・シャフラン・・・最初のシンコペーション、萌えません?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

kazさんこんにちは

シンコペーションは萌えポイントですよね

かなりいい加減な生徒でしたが、子供のころ15年くらいピアノを習っていました
途中4人くらい先生が替わりましたが、いずれの先生もシンコペーションについては、
楽譜の隅に「八分音符 四分音符 八分音符」を書いて、
“タ ター タ”などと説明されて、あっさり終わったような……

大人になってからお世話になっている先生は、
とても熱心にシンコペーションについて語ってくれました
おかげで、すてきなシンコペーションとそうでもないシンコペーションがよくわかります

最近の先生は、子供たちにどんなふうに教えているのでしょうね

nonja #- | URL | 2018/01/12 16:28 | edit

nonjaさま

シンコペーション、たしかに「タタータ」ですね。そこで教師自身がシャフランのような素敵なシンコペーションを演奏してあげられたらいいですよね。

kaz #- | URL | 2018/01/13 20:52 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top