FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

真っ黒な楽譜をそよ風のように・・・ 

 

現代の国際ピアノコンクール(国内も)での課題曲に自分で編曲した作品を加えたら、ザハリヒな現代のピアノ界も多少は変化するだろうか?シューマン~リストの「献呈」とか、「リゴレット・パラフレーズ」のような作品をコンテスタントたちが自ら創作し披露する・・・

そうなると、既存の名曲を、どれだけ弾けるかということだけではない、いわゆる音楽家としての総合的なインテリジェンスのようなものが必要となってくるような気がする。

クライスラーの「愛の喜び」とか「愛の悲しみ」、あるいは「美しきロスマリン」のような曲を聴くと、「ヴァイオリンもいいわねぇ」とか「いい曲ねぇ」と、ただ聴いてしまうが、考えてみれば、これらの曲ってクライスラー自身の曲でもある。クライスラーって演奏家=作曲家でもあった。リストやショパン、モーツァルトも実はそうだったはずだが、あまりにも歴史上人物過ぎて、そのことをあまり実感しないところがあるが、クライスラーのように録音が残っていたりすると、現代との差異を意識したりする。

時代がそうなっているのよ・・・たしかにそうかもしれない。ピアニストがショパンやラフマニノフ、のような、いわゆる過去の名曲だけを演奏していても「どうしてあの人は自分の作品を演奏しないのかしら?」などと不思議に思われる空気は今は皆無だろうと思う。アマチュアの世界も同様だと思う。サークルなどでも、基本的には過去の名曲を皆が弾いていて、誰もそのことに「時代の、現代の特殊性」みたいなことを感じない。それが普通だと思っている。「今回はシューベルトの歌曲を自分で編曲してみました」という人は、やはり今は特殊だろう。「何かそのような訓練を受けた人なのね」みたいな?

往年のピアニストたちは自身のトランスクリプション作品を残している。それらの作品は、ザハリヒな現代では、どこか「過去の遺物」扱いだったり、存在そのものが知られていなかったりする。その中でもシュルツ=エヴラーという人の「美しき青きドナウ」は比較的今でも演奏されているのではないだろうか?特殊な人限定かもしれないが・・・

実際に楽譜を見ると、楽譜密度の高さに圧倒される。余白よりも音符の面積が多い。いわゆる「真っ黒な楽譜」の典型の曲。しかもヨハン・シュトラウスのワルツではあるわけで、あまりにもバリバリと鋼鉄サウンドで演奏されても素敵とは感じないような曲。

何故にこの種の曲、往年のピアニストたちの作品が、どこか過去の遺物扱いになってしまったのか?それは時代そのものが作品の本質を追及するようなザハリヒな時代になったからということもあるだろうと思う。ピリオド楽器での演奏とか、原典版、楽譜の研究とか、盛んな時代になったのだ。

もう一つは、この種の曲って現代の剛腕ピアニストたち、実は苦手だったりするのではないだろうか?むろん、音にすることはできるだろう。でも・・・

オクターブの連続そのものは弾ける。でも鋼鉄バリバリ・・・のようになってしまうのでは?往年の巨匠たちのように、オクターブの連続とか困難な超絶パッセージを「そよ風のように爽やかに」「真珠の連なりのように軽やかに」弾くことが難しいのでは?

シュルツ=エブラーの「青きドナウ」は往年のピアニストたちのレパートリーであったようだ。ボレットとかアール・ワイルドとか、見事な録音を残している。チェルカスキーも得意としていたような?

でもこの曲の真打(?)はヨゼフ・レヴィーンの演奏ではなかろうか?

バリバリではないのね。コロコロ・・・どんなに至難な箇所でもコロコロ・・・基本的に軽い技巧なのだ。

これが難しいのではないだろうか?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top