FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

なんちゃって能力 

 

他人には、あまり話したことはないのだが、実は、僕はヤマハのグレードを取得している。指導グレードではなく演奏グレードのみだが。演奏グレード4級というのは、結構大変らしい。そのために訓練したとか、レッスンを受けたということはなく、「なんちゃって~」で受けたら受かってしまった。

課題曲、ヤマハっ子の作曲した曲集から選択。これが苦痛ではあった。なんだかフィギュアスケートの音楽みたいな曲ばかり。それも渡部絵美選手とか、少女時代の伊藤みどり選手が使用していた音楽のような?完全に僕の好みの音楽ではなかったけれど、課題なので弾いた。自由曲はプーランクを弾いた。有名な「エディット・ピアフを讃えて」という曲。楽譜を持っていなかったので、完全耳コピで弾いてしまった。つまり「なんちゃって~」と弾いてしまったのだ。多くの人が難関と感じるのが即興。短いモチーフのようなものがあり、適当に(本当は適当ではいけないのだろうが)伴奏をつけて、発展させて弾いてしまった。和音記号やコードの知識は皆無だったから、これも「なんちゃって~」と弾いてしまったわけだ。

ヤマハのグレードは、もう幾光年も昔の話だが、今も「なんちゃって~」の傾向はある。声楽曲やギター曲など、素敵だなと思ったら、1段譜をもとに弾いてしまったり、完全耳コピで弾いてしまったりする。普通の曲(?)はきちんと譜読みしているつもりだが、一つ一つの音を読んでいく前に、全体をワーッとつかんで、まずは弾いてしまう。つまり「なんちゃって~」という感じ?

サークルのピアノ仲間には、正式にジャズを学んだ人もいて、この人は即興とかアドリブとか得意。まぁ、ジャズを学んだのだから、それが普通なのだろう。少女時代、エレクトーンから始めたという人も、耳コピでポップス系の曲を見事に弾いてしまったりする。

いわゆる「ソルフェージュ能力」とかいうものが備わっているということなのだろうか?

ちょっと仕事関係で、音楽療法のお手伝いをしている。セッションを僕がするわけではなく、ただピアノを弾くお手伝い。知っている曲、「瀬戸の花嫁」とか「北国の春」のような曲であるならば、その場で1段譜をもとに移調して弾くことができる。民謡などは口ずさめないので厳しいが。

多くの人は、このようなこと、耳コピで弾く、1段譜をもとに移調してその場で弾いてしまう、譜読みも全体をまずワーッと弾いてしまう・・・のようなことができないようだ。別に即興をしたいわけではなく、いわゆる名曲を弾けるようになりたいからピアノを弾いているわけだから、最終的には曲が弾ければいいのだとも思うが、いつもいつも一つ一つの音を視覚的に読んで曲を作っていくというのも、逆に大変なのではないだろうか?子ども時代、多くの人はバイエルとかハノンなどの他にレッスンで「ソルフェージュ」なるものをやった経験はあるらしい。でもせっかくやったのに、その経験が大人になって生かされていないような?

アメリカのソプラノ歌手、バーバラ・ヘンドリックスがソビエトでリサイタルを行った。ピアノ(伴奏)はソビエト人のドミトリー・アレクセーエフ。当時、彼が西側の国際コンクールで優勝した後だったから、雪解け前のソビエトでも二人の共演が実現したのだろうか?おそらくリサイタルでは普通の(?)歌曲が演奏されたのだと予想する。シューベルト、ヴォルフ、ドビュッシー・・・のような?

リサイタル後の軽い打ち上げの場、ヘンドリックスはアカペラで自国の歌をサラッと歌い始めた。何の曲を歌ったのかは不明だが、おそらくガーシュウィンのような曲?アレクセーエフは、その場で即興で伴奏をつけた。

「あなた、こういうこともできるの???」

ヘンドリックスが驚いたという事実は、やはり即興のようなものは、ある意味特殊技能ということなのだろうか?

「提案があるの。一緒に黒人霊歌をレコーディングしない?今のような感じで弾いて頂きたいわ!」

シューベルトのような有名作曲家の歌曲であれば、高声用、中声用、低声用と、同じ曲でも楽譜は出版されているけれど、霊歌のようなものは、おそらくそうではなく、不完全なピアノ譜だったり、声だけの1段譜のような楽譜がほとんどなのではないだろうか?曲によっては自分たちでサウンドを作り上げなければならなかったり・・・

ヘンドリックス夢の企画は実現した。二人の黒人霊歌は実に見事だ。特にアレクセーエフのピアノが素晴らしい。今、生まれた音楽・・・のような?魂の躍動・・・のような?冷戦時のアメリカ人、ソビエト人、音楽が国境、人種を超えた瞬間でもあった。

今は昔と違ってセミナーも盛んだし、指導法も研究されているのだろう。おそらくソルフェージュのようなものも、レッスンで取り入れても自立後(?)それが生かされない・・・ということはなくなるのであろう。

今ピアノを習っている子どもたち、将来大人になって再びピアノを再開したとする。憧れのショパンを弾きたい、憧れのリストを弾きたい、そのような時、視覚的に一つ一つの音を読んでいくのだろうか?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top