FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

右脳と左脳の入れ替え 

 

もしコンクールで前のバッハのような演奏を繰り広げ、続いてこのようなエチュードを聴かせてくれたら、「あっ、この人優勝候補かも」と一次予選の段階で思うだろう。

音が集中していて生きている。キラキラとしているというか?指も達者だけれど、決して機械のようではなく・・・

機械のようではない、つまりただ音を並べない、これが難しいんですよね。一応ショパンのエチュードなんかもレッスンで弾いているけれど、まるで自分のは機関銃のような?このような悩みを持つ人は多いのではないだろうか?

音並べ演奏の一因として、同じような音しか出せないというものがある。それを自覚していない。移動と同時に弾いてしまうと、音としては「バシン」「ゴツン」のような粗雑な音しか出せない。これではどんなに心を込めても機械的な演奏からは脱せないかもしれない。準備が必要。素早く効率的に移動し、弾く瞬間よりも前に鍵盤上に指が達していないと、なんだかな・・・という演奏になってしまうような気がする。

ゆっくりな曲でも移動、動作は機敏に・・・という感じ?打鍵の一瞬前に「気を入れる」みたいな?移動と同時だと間に合わないんです。

このあたりは、もろ「弾き方」みたいなことになるから、実際には先生から学ぶしかない。でも先生自身の演奏が音並べで、バシン、ゴツンのような演奏だったら?そうなると難しいよね。

「黒鍵のエチュード」そのものは一応弾ける、ミスもなく弾ける、だってリズム練習とか死ぬほどしたもの・・・

でもデミジェンコのようには弾けない・・・

「まっ、アマチュアの私とデミジェンコとを比較する方が間違い。才能が違うもの」

普通はそうなるだろうし、才能も違うのかもしれないが、「あっ、素敵な演奏」と自分が感じたのだったら、それを打ち消す必要はないと思う。素敵を追い求めないとピアノはそこで終わってしまうような?

まずは「バイエル」を弾いてみる。ドミソドミソとかドソミソドソミソのような伴奏型の曲。沢山あると思う。

左手のドミソドミソに右手のメロディーを無意識に合わせていませんか?モーツァルトのソナタ、左手の刻みに右手のメロディーとか音階を合わせていませんか?チェルニーも左手の刻みに右手のパッセージを合わせていませんでしたか?

実は導入段階から、そのように弾いてきてしまったのかも?

右脳と左脳を入れ替える・・・みたいな発想転換をしてみる。単純なことだ。右手に左手のドミソとかドソミソを合わせる感覚で弾いてみたらどうだろう?

あら不思議!ミスは多くなるけど、ちょっと流麗に弾けている?

デミジェンコは「黒鍵」「蝶々」「Op.10-4」という左刻み典型の曲をどう弾いているだろう?

右脳と左脳を入れ替えてみる。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top