FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

男のくせに・・・ 

 

今は「男子ピアノ」も肩身は狭くはないらしい。逆に「素敵♡」みたいな?「ピアノが弾ける男性って素敵よね?」

そう、昭和40年代とは違うのね。僕の場合、ピアノに熱心ではなかったし、習っているということさえ知らないクラスメートも多かったと思う。合唱の伴奏なんてやったことがない。「ピアノ習ってるの?えっ?楽譜読めないの?」みたいな感じで、伴奏者オーディションなんて初めから対象者にさえならなかったし・・・

それでも言われた。「男のくせにピアノなんか(!)習ってるんだ」・・・

子どもって、絶対に周囲の大人に、そのようなことは言わないので、今も「男のくせに」発言で傷ついているピアノ男子も結構存在しているのではないかと思う。

当時、アレクシス・ワイセンベルクのファンだった。小学生だった僕にとっては貴公子のようで、憧れたものだ。元祖イケメンピアニスト?お花、フリル・・・みたいなピアノイメージを覆してくれたピアニストでもあった。

今もクリスタルクリアな音のピアニストに憧れる傾向があるが、それは昔からだったのだ。

ワイセンベルクのレコードを聴きながら「ピアノは男の楽器なんだぜ!」と一人叫んでいた頃を思い出す。久々にワイセンベルクの演奏を懐かしんでいる。この映像、演奏を聴きながらこう思った。

「男のくせにピアノなんか習ってるんだ」かつてそう言った奴らにこの演奏を聴かせてやりたい・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top