FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

音型 

 

リチャード・ロドニー・ベネットの曲でよく聴くのがギター曲。おそらくジュリアン・ブリームというギタリストの功績が大きい。

ブリームって「音型美」の卓越した表現者だと思う。ドミソとかミレドという音型が素晴らしいのだ。シェイプ王とも呼びたい。

「どうしても音を並べただけになってしまう」「先生に訊いても、ただ歌ってとか、もっと練習してとしか言ってくれない」「私って音楽的感性がゼロなんだわ」このような人はブリームを聴くといいと思う。

ドレミってこんなに美しいの?音の高低、長短、ここに敏感になるだけで、まずは表現の第一歩を踏み出せるのではないだろうか?ギターってピアノ曲よりも音は少ないし、発音したら音は減退するというところが同じだし、ピアノ演奏の参考になるような気がする。

音楽的感性ゼロの人なんていないと思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top