FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

愛で終わる人々 4 

 

イタリア人って「アクセント」「フェルマータ」「テヌート」「アッチェレランド」「スタカート」・・・これらの音楽用語を赤ちゃんの頃から言葉、会話の中で無意識に使いこなしてきたのではあるまいか?言葉に抑揚がある。

「刑事」というイタリア映画があった。1950年代の古い映画だ。監督のピエトロ・ジェルミは刑事役の俳優としても素晴らしかった。クラウディア・カルディナーレの美しさも際立っていた。何よりもカルロ・ルスティケッリの音楽が涙を誘う。決してロマンティックな映画ではなく、ましてや恋愛映画でもない。暗い(渋い?)刑事物だ。でもラストに「死ぬほど愛して」が流れると泣かずにはいられない。恋人を追いながら走るクラウディア・カルディナーレ・・・彼女はこのシーンでスターになったのかもしれない。

その「刑事」の場面集。会話が抑揚ありすぎ。喧嘩しているみたいだ。まぁ、内容的に会話は激しい場面ではあるが、会話のサウンドそのものが「感情のすべてを爆発」みたいな?イタリア語、激しい・・・

このような人たちが作った音楽(イタリアものとか狭い意味ではなく)と考えてみる。我々は譜読みをする時、音の高低、長短だけを読んで音にしていないだろうか?視覚的な情報を鍵盤で押すみたいなことをしすぎていないだろうか?それが譜読みだと思っていないだろうか?抑揚、彼らには自然なことかもしれないが、我々は意識しないといけないのではないか?

音だけではなく「抑揚はどうなのかしら?」という譜読みも必要なのかもしれない。我々は全部が8分音符の人たちなのだから・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top