FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

愛で終わる人々 2 

 

イタリアのピアニスト、まずはポリーニでしょう。たしかにi、愛で終わる苗字の人ではある。でも彼よりも個人的には愛を感じるイタリアのピアニストとしては、iでは終わらないけれど、セルジオ・フィオレンティーノを挙げたい。

この人、無名・・・ではないのだろうが、練習会の打ち上げなどで話題になるほどの知名度はないようだ。「ポリーニって?」という人はいないと思うけれど、フィオレンティーノだったら可能性はある。

ああ、歌・・・そんな存在のピアニストだ。

どの曲の演奏でも歌を堪能できるピアニストだと思うけれど、まずは彼自身のトランスクリプションを聴いてみるといいのではないだろうか?フォーレの「夢のあとに」のトランスクリプションとしては、アメリカのアール・ワイルド(この人も好き)のものが演奏される機会が多いように思う。フィオレンティーノ版は、それよりも飾りが少なく、原曲に忠実な感じだ。シンプルな美・・・というのだろうか?

たった2ページ、音も多くはない。でも・・・素敵だねぇ。編曲も演奏も素敵だ。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング



スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

フィオレンティーノ大好きです
私は、ピアニストのルイ・レーリンクさんが紹介してくれた動画で存在を知り、CDを買ってハマりました。
kazさんが取り上げてくださったことで、フィオレンティーノの素晴らしさをわかってくれる人が増えるといいな、と思ってます。

まみ #O7xVy9HA | URL | 2017/11/20 08:23 | edit

まみさま

もっと一般的に(ピアノ弾きの間に)認知されて欲しい人ですね。ユジャ・ワンとかキーシンやアムランが話題になる程度に・・・

実は、一度フィオレンティーノの実演を聴くチャンスがありました。アメリカのニューポートという所に友人たちと遊びに行った時です。彼のポスターが街に張ってありました。でも聴きに行かなかったんですよねぇ・・・彼のことを当時は知らなかったし、自分もピアノなど弾いていなかったし。

今でもとても後悔しています。

kaz #- | URL | 2017/11/20 09:16 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top