FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

愛で終わる人々 1 

 

本場の音、基本的に僕はこれを信じない。ショパンを本当に演奏できるのはポーランド人だけだ・・・とか。やはりドイツ人だけあってバッハの神髄に迫るような・・・とか。信じない。我々日本人は西洋音楽を演奏できないではないか?マリア・カラスはアメリカ人にしてはイタリアオペラが上手だ・・・なんて言う人もいない。アルゲリッチの演奏にアルゼンチンらしさ感じ取り感動するなんてこともないように思う。そう、本場の音なんてないのだ。国籍なんて関係ない。

それはそうだが、苗字がアルファベットのiで終わる人々がいる。つまりイタリア人。イタリア人ってオペラ、愛の国・・・そのようなイメージはある。つまり歌う人というイメージ。

不思議なのだが、ピアノのレッスンでは「歌って~」のオンパレードなのに、日本のピアノ教育、ピアノレッスンとイタリアとの接点ってあまりないような?歌が好き?オペラが好き?声楽科を受験するの?・・・みたいな?日本のピアノって、どうもドイツっぽい。それはいいのだが、どこか重苦しさも感じる。バッハの平均律は旧約聖書でベートーヴェンのソナタは新約聖書とか・・・お、重い。どこか受験の必修科目のような?

僕はバッハよりもヴィヴァルディが好き・・・これはかなり勇気の必要な、かつ大胆な発言だろうか?鑑賞者としては(学習者としても?)神バッハよりはイタリアン・バロックに惹かれる。バロックのピアノ、チェンバロよりは、弦、声楽に惹かれる・・・

ドイツとの接点はあった。今の流行はロシア・・・だろうか?「ロシア奏法」とか?

何故イタリアではないのだ?歌の国なのに・・・ピアノって歌っぽくない楽器なのか?

苗字がi、愛で終わる人々、つまりイタリア人の歌、作品、ピアノ演奏を追ってみたらどうなるだろう?歌の国の人は、やはり歌うのだろうか?それとも国籍は関係ないのだろうか?

ピアノで歌って~

ならば歌の国を彷徨ってみようと・・・あまりピアノ人は訪れない国だからこそ訪ねてみようと・・・

僕の初クラシック演奏会、つまり生まれて初めての生演奏体験が歌の国の人の歌だった・・・

1973年のことだ。Corelli・・・ほら、愛で終わっている。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top