FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ブルー・インパルス 

 

来月、あるピアノの会に参加する。これまでは所属しているサークルの練習会、あとは自分で企画するリサイタルなどが人前演奏の場だったけれど、最近は「ピアノ弾きませんか?」とお誘い頂くこともある。山梨の甲府でピアノを弾いたりしたし、与野市で会ったことのないピアノの先生の会に出演させて頂いたりもした。いつも決まったメンバーの前で演奏するサークルも楽しいが、知らない人たちの中で演奏するのも楽しい。緊張するが・・・

来月は千葉県の市川で演奏する。市川は訪れたことのない土地だと思うが、親がお隣の小岩に住んでいるので、なんとなく親近感はある。なんでも由緒ある洋館が会場なのだそうで、それも楽しみだ。

主催者の方が出演メンバーの曲目をメールしてくれた。結構珍しい曲が多いのではないかと感じた。僕はショパンのバラードを演奏するのだが、そのようなスタンダード曲(?)の方が少ないかもしれない。

斎藤高順のピアノ曲を演奏する人がいる。ああ、斎藤高順・・・この作曲者の名前を聞いて「ああ、あの・・・」となる人は、おそらく映画好き、それも小津映画が好きな人、あとは吹奏楽に興味のある人かもしれない。僕は小津ファンとして斎藤高順を知っていた。

斎藤高順のピアノ曲、数は結構存在していると思うが、まずは演奏されない。子どものコンクールの課題曲になっている「三つの宝石」という曲は、もしかしたらピアノ教師の間では知られているのかもしれない。僕の持っているボロボロの春秋社の楽譜に「三つの宝石」が収録されていて、初見でも弾けるようなシンプルな曲だ。そうですねぇ、湯山昭と三善晃、そしてサティを一緒にした感じの曲だろうか?

僕は吹奏楽に詳しくは全くないので、なんとも言えないのだが、「ブルー・インパルス」という行進曲(?)はとても有名なのだそうだ。この曲以外にも吹奏楽の曲を沢山作曲している。もしかして日本吹奏楽の父?

武蔵野音大のピアノ科から、作曲家を目指し、藝大の作曲家に再入学する。このあたりは普通の経歴だと思うが、斎藤高順は航空自衛隊航空中央音楽隊長という肩書をも持つ。自衛隊???1等空佐という階級(?)なのだそうだ。あ、だから吹奏楽・・・なのか・・・と納得できそうな感じではある。後に警視庁音楽隊長となっている。警視庁???

自衛隊とか、警視庁とか、彼のピアノ曲とは結びつかない感じだ。さらに小津映画の音楽とも結びつかない・・・

これが有名な(僕は知らなかったけれど)「ブルー・インパルス」という曲。ブルー・インパルスって寝台特急の名前かと思ったが、それはブルー・トレインでした。実は飛行機の名前らしい。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

ブルーインパルス

ブルーインパルスというと、真っ先に航空自衛隊のアクロバットチームが挙がります。来年の東京五輪の開会式のクライマックスで五輪の輪を描いてくれるのを楽しみにしています。1964年の再来。。。想像しただけでワクワクします。

あっきい #- | URL | 2017/11/14 11:28 | edit

あっきいさま

航空自衛隊のアクロバットチームなのですね。

小津映画の音楽と吹奏楽、この組み合わせが新鮮でした。

kaz #- | URL | 2017/11/15 07:53 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top