FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

さようならフィギュアスケート 2 

 

このカップルは本当に「ライン」が美しいと思う。長く美しいフレーズを静謐なまでに美しく描く・・・

演技の最初から最後まで、一本のラインでつながっているような?

このようなダンスは、かつてイギリスのトーヴィル&ディーンというカップルが1984年に滑った「ボレロ」という名プログラムからアイスダンスの主流になっていったように思う。それまでは、社交ダンスをそのまま氷の上で・・・のようなダンスが主流だった。曲のリズムも社交ダンスのそれだったし、3曲ほどのメリハリのあるダンスナンバーをつなげて・・・というプログラムが多かった。

アイスダンス、そしてペア競技、どうしても女性に目が行ってしまう。もともと振り付けとか衣装とか、女性に目が行くようになっているのかもしれない。男性はサポート役?このカップルも振り付けなどは基本的にはそうなのだと思うが、女性よりも、むしろ男性に注目してしまうところがある。ポノマレンコの滑り、身のこなしが実に美しい。

曲の音の長短、高低、長いフレーズ、短いフレーズが連続し切迫感を感じさせる等々、つまり表現力。並みのピアニストよりも上手かもしれない。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top