FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

指揮者がピアノを弾くと・・・ 

 

現代のピアニストであれば、コンポーザー・ピアニストと言われる人が好き。あとは往年のピアニストが好き。往年のピアニストはコンポーザー・ピアニストだったから。趣味の問題ね・・・そうなのだと思うが、何かしらの理由があるのだと思う。

向こうから入ってくる・・・一言で表すとそうなる。音楽が僕の中に入ってきてしまう。音楽があるから、だから練習する・・・みたいな?そのような演奏が好き。多くの演奏は、練習を重ねて、弾けるようにする、そして余裕ができたら表現も・・・みたいな感じで、そのような演奏は究極の練習成果、訓練の賜物のような演奏に感じてしまい、あまり惹かれない。むろん「見事だな」とかは感じるし「上手いなぁ」とも感じるのだが。

ピアノをどう弾きこなすかということは2番目(?)で、まずは音楽という演奏に惹かれる。理屈ではないのかもしれない。

まずは表現したいというもの、音楽があって、手段としてピアノがあるという演奏。ピアノ技法は目的ではないのね。

ピアノ仲間に驚かれたりするのだが、僕は譜読みをワーッと最初から大雑把に全体を捉えてしまう。いわゆる、なんちゃって弾き。むろん、細かなパッセージなどは練習しないと弾けないし、練習するけれど、まずは和音の響きの変化とか、進行とか、メロディーの息づかいとか、「弾けてから」とか「音を読んでから」ではなく、まず弾いてしまう。どんな曲でも。

多くの人は、一つ一つ丹念に音を読んでいく、それが譜読み。全体を通すのは、最後の音まで譜読みが終わってから。「まだ譜読みは提示部しか終わっていないので、再現部なんて弾けません」のような?「まだこの曲は半分しか弾けません」のような?

まずは全体をワーッと弾いてしまう。「何それ?変・・・」「そんなの無理」とか言われる。ワーッと弾く、なんちゃって弾きで、すべての音を正確に弾いてしまえば、僕は初見、譜読みの天才となるのかもしれないが、埋め草的パッセージなどは、ハッキリ言って最初は目茶目茶(?)だ。時には弾かずに歌ってしまったりして。それでも全体をつかむ。

人前で弾く曲、ワーッとつかんでからは、地道な練習はするんですよ。人並みに。でもそれは、「なんちゃって弾き」の具現化なのだ。最初につかんだ音楽を、今度はきちんと(?)弾くみたいな?おそらく、ワーッと弾いたあとは、丹念に細かく練習する方だと思う。細切れの半端な時間を使って練習するので、曲を通していたら練習にならないので。

方向性だろうか?音楽→表現、そのための練習。練習→表現ではない。練習さえしていれば音楽的に弾けるとか、そうではなく、最初から、あるべきもののために練習するというか?コンポーザー・ピアニストの演奏にはそれを強く感じる。あとは指揮者のピアノ演奏とか、作曲家のピアノ演奏とか。

エフゲニー・スヴェトラーノフ、指揮者であり、作曲家であり、そしてピアニストなのだそうだ。音楽百貨店のような人?でもスヴェトラーノフと言えば、やはり指揮者としての印象が強い。

このラフマニノフ、「まずは音楽ありき」のように感じてくる。「ピアノを弾くのだぁ・・・」ではなく、そこにあったピアノで音楽をする・・・

ピアノって何かの手段なのかも?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top