FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ピアニストが本気でチェルニーを弾くと・・・ 

 

巷の多くの発表会で密かに展開されているのではないかと思う心理戦。「おっ、A子、上手くなったじゃないか?」男親が心から嬉しそうに言う。女親、つまり母親の心は複雑だ。「あのぅ、あなたはいいわよね。いいところしか見ないから。どれだけ私があの子に練習させたと思ってるの?私、あの子から鬼とまで言われたのよ?この曲だけじゃなく、これまでどれだけチェルニーを練習させてきたと思ってるの?」むろん、客席で家庭内紛争を繰り広げるわけにはいかないので、母親は黙っている。「男親って気楽なもんよねっ!」

心を鬼にしてまで練習させるチェルニー、チェルニーを極める(?)とどうなるのだろう?そもそも何故チェルニーなどというものが課題として与えられるのだろう?「指を鍛える?」「バリバリと弾けるように?」「どの教室でも使っているから?」

チェルニー=鍛える・・・みたいな昭和発想から脱却してみたらどうだろう?カールの肖像画、師のルードヴィヒとも弟子のフランツとも異なり、温和な感じだ。どこかサラリーマンのような?怒涛の芸術家というより、温和ないい人・・・

カールの愛情とは?「音階ってとっても素敵なんだよ」「アルペジオの連続って上手に弾けるとエクスタシーさえ感じないかい?」「ダブルの連続って、ゾクゾクしないかい?」つまり彼は音型の美というものを後世に伝えたかった。ドレミファソラシド、ドミソドソミドの美しさ・・・

「一応、起承転結を考えてみた。曲にしたんだ。音型美を曲として身につけていって欲しかったから。曲としては、あまりファンシーなことはしていない。分かりやすくしたかったんだ。素敵なスケール、素敵なアルペジオを身につけて欲しい。これが僕の願いだ。芸術作品の基本要素である音型、曲って音型の連続でしょ?これを素敵に弾けないとね。素敵にドレミファソラシド ドシラソファミレドが弾ければ長大な曲も弾けるんじゃないかな?素敵に弾いて欲しいな」

ピアニストが本気(?)でチェルニーを弾くとどうなるのだろう?機関銃のようにバリバリと?鍛えました~バリバリ・・・のような?スティーヴン・ハフが弾いているチェルニー、まさにカールの望んだチェルニーではないだろうか?

「どうか僕を素敵に弾いてね。音型って素敵なんだから・・・」

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: 選曲に困ったら・・・

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top