FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

模範演奏教師 

 

アマチュアピアノ弾きのピアノブログだけではなく、たまにピアノ講師ブログも読んだりする。たまに・・・なのは、ブログ内容が指導法だったり、教材だったり、教室での出来事だったりするから。自分には関係ない分野だと感じる。ピアノ講師ブログ、それは広報の意味合いもあるのだと思う。一般のピアノブログはハンドルネームでの記述が多いが、ピアノ講師ブログは実名での記述がほとんどだ。

やはり子どもの生徒が中心なのだろう。高齢者を対象とした介護の世界などは、ますます増える後期高齢者、ますます減っていく介護スタッフという現実があり、それはそれで深刻なる問題だとは思うが、少なくとも「先細り産業」ではない。ピアノ教室は、対象を子どもに限っていたら、先細り産業となってしまうのではないかと思う。子どもは減っているのだから・・・

一般の・・・というか、街のピアノ教室も、子どもだけではなく、アマチュアのピアノ弾き、サークルなどに所属し、人前での演奏をしているような、曲の難易度も音大卒の人と変わらない曲を弾いているようなアマチュア、そのような人を対象に含めていってはどうだろう?大人のアマチュアピアノ弾きは、これからも増えていくような気がする。ピアノサークルのホームページなどを覗いてみると、メンバー募集をしていないサークルがほとんだ。これって「人前で弾いてみたい」という意欲のあるアマチュアが多いということでもあると思う。

日頃の練習会は、メンバー限定だったりするけれど、演奏会、発表会は一般の人にも公開しているサークルが多い。教室の発表会と同じだ。いくつかのサークルの演奏会を覗いて、聴いてみたらどうだろう?子どもは辞めてしまうらしいが(講師ブログのテーマの根底はいつもそこにあるような感じだし?)、生徒が循環してしまって「いつまでも私は導入指導か?」というよりは、辞めない大人アマチュアを視野に入れても、そろそろいいとは思う。

ほとんどのアマチュアピアノ弾きは、もうすでに先生に師事している。独学の人も、もちろん存在しているだろうが、個人的印象としては、レッスンに通っている人が多い感じだ。

まれにサークルや、ピアノの集まりなどで、他の人の話を聞いたりする。基本的に、自分の先生を信じている人が多い。これは当たり前だろう。大人の場合、何か先生に不満があれば、違う先生を探すという道があるのだから。それをせずに同じ先生に師事しているということは、先生に不満はなく、信じているのだろう。

でも、たまに会話の中で、「それって?・・・」と感じることがある。相手が「ねえ、どう思う?」と、こちらの意見を求めてきたら、「それはおかしい」とか言うかもしれないが、わざわざこちらから意見や感想を言うことはない。余計なお世話だし、相手は大人なのだから。

「先生、このようなフワッとした箇所が素敵に弾けないんです。どうしたいいんでしょう?」「そうねえ、どうしたらいいのかしらねぇ?」

「もう大人なのだから、一応弾けるようになったら、その先は、ご自身で考えて下さいね」

えっ?それはおかしいのでは・・・と思う。大人の場合、一応弾けるようになってから、その先のことを先生から伝えて欲しいのだ。このようなところが弾けないんです・・・弾けないところを弾けるようにして欲しい、何がいけないのか?ではどうしたらいいのか?大人のアマチュア、弾いている曲の難易度に関係なく、素敵には弾けない、一応弾けるんだけど、何をどうしたらいいの?ここで迷っている悩んでいる人は、実は多いように思っている。

そのようなことって、例えば音大の教授とか、そんな感じの先生限定なんじゃない?

それは違うのではないかと思う。子どもだって「素敵に弾きたい」のではないだろうか?教材が進んで、先生に花マルをもらって嬉しい・・・だけではなく、子どもも大人も素敵に弾きたいものじゃないだろうか?

大人の場合、「部活が忙しいので辞めます」とか「中学生になるので辞めます」とかは、あまりない。でも心の片隅で???と感じている人は存在しているのではないだろうか?あくまでも個人的な印象から語っているが・・・

これは僕だけではなく、多くの大人アマチュアが心の底で先生に求めていることだと思う。

一つは、「弾ける先生」であって欲しい。何も一曲まるまる模範演奏をして欲しいわけではない。年に一回先生にソロリサイタルを開催して頂きたいわけでもない。弾ける・・・とはそのような意味ではないのだ。

先生の一瞬技・・・だろうか?「ねえ、ちょっといいかしら」と先生が弾く、その音、響きの違い・・・

大人でも(だからこそ?)そこで感じる。「えっ?自分とは全然違う。なんでそう弾けるんですか?」と。

多くの大人アマチュアは、まさに、それを望んでいると思う。満たされていない人も意外と多いのではないかと想像している。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top