ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

整える呪縛 

 

譜読みする時は一つの音を二つに、さらに三つにと増やしていく。それがある形、シェイプとなって表現というのかな、音楽となっていく。音から曲へ・・・みたいな?そうなるはずなんだけど、小→大、狭→広・・・となっていくはずなんだけど、全体としては、ただ小が連なっている、その連続のような?狭が連続しているような?曲としての見通しが悪いというか?部分を弾きこなしている、それを繰り返している、ただそれだけで、曲としては、つっかえたり間違えたりは、あまりしなくはなってくるんだけど、ただ弾いている・・・のような?

細かな箇所、「小」とか「狭」を頑張る、それだけで「大」や「広」はやはり難しい。人前での演奏、「わっ、間に合わない」とか、日頃のレッスンでも「このままではあまりにも先生に失礼」とか、状況として「整えなければ呪縛」は多い。先生が「変に整えずに弾けないままいらしてくださいね」と言ってくれても、やはり自分としては「いくらなんでもこのままでは」みたいな気持ちは残る。

考えてみれば、「小」「狭」練習をチマチマしていて、それしかしないで、本番で「さあ、ミスがあっても大きく曲を表現するのよ」とはなりにくい。本番では、やはり「日頃」が出るのだ。

では、ミスは多少あっても、もっと歌いたいとか、大きく表現したいとか、そのような演奏を願うのだったら、日頃の練習で、整える、間違えないで弾ける、印刷された音たちをミスなく・・・だけではなく、いきなり「大」「広」を狙った練習、習慣も必要なのではないか?

「いきなり?」

まずはオペラのアリア集の楽譜を購入する。別にリコルディ版でなくても、身近な日本版(?)でいいと思う。ベルカント・オペラにあるような、ピアノ伴奏がリズムをただ刻んでいるようなアリアではなく、歌パートと絡んでいるようなアリアがいいと思う。例えばプッチーニとか・・・

なんちゃって・・・でいいので、アリアをピアノ独奏で弾いてみるのだ。つまり歌とピアノのパートを同時に弾く。この場合、3段譜となるので、いつもの「正しく間違えないで整えて弾くのだ」呪縛からは逃れられる。手が3本ある人以外は楽譜通りには弾けないのだから。誰が聴いているわけでもない。マリア・カラスになったつもりで、壮大に甘美に、そして劇的に、いきなり表現をしてみる。なんちゃってぇ・・・でいいのだ。

オペラ歌手をピアノで演じたあと、自分が練習している、いつもの曲を弾いてみる。3段譜を「なんちゃって・・・」で弾いたのと、同じ感覚でピアノ曲も弾いてみたらどうだろう?つまり、いきなり「大」「広」を狙う練習もやってみる。

「大」を意識しないまま「小」だけを積み重ねて、曲になるのだろうか?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top