ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

思い立ったらアップルパイ 

 

口コミというものがある。通販サイトによくある。僕はAmazonをよく利用するけれど、購入者の口コミは参考にしたりする。熟読?ホテルや旅館にも口コミはある。一休とか楽天みたいなサイトですね。こちらも熟読するけれど、中には「えっ?」というような口コミがある。口コミなんて主観的な感想だから、色々あっていいのだろうが、「では何故にそこに泊まったの?予想できたんじゃない?」とこちらが感じてしまうような不思議な口コミも存在する。

「富士屋ホテルに宿泊しました。食堂も立派で雰囲気も素晴らしいのですが、子ども連れだったので、緊張してしまいました。子どもたちも窮屈に感じたようです」

富士屋ホテルのダイニングルーム、「ザ・フジヤ」と呼ばれる。昭和5年に作られた食堂。子ども連れがいけないわけではないし、ホテル側も何歳以下はおことわり・・・とか明示していないと思うけれど、でも「ザ・フジヤ」はデニーズやジョナサンではないのだ。

「施設が古く、猫足のバスタブも素敵なのですが、浴槽が狭く二人で入れませんでした」

あのバスタブは二人で入るものではありません。施設が古い、そうですね。古いですね。富士屋ホテルの創業は明治11年。1878年なのだ。そりゃあ古いでしょう。このような口コミを読むと「では何故富士屋ホテルを選んだの?」と正直なところ思ってしまう。

古さを愛でるというのだろうか?ピカピカの最新旅館やホテルにはないもの、それを求めての富士屋ホテルなのでは?

創業1878年・・・日本の西洋音楽史に当てはめてみると、音楽取り調べ掛は1879年にできている。その後、1887年に東京音楽学校となっている。瀧廉太郎が生まれたのは1879年・・・

連弾を「連れ弾き」などと言っていた時代だったのではないだろうか?西洋文化というものが、日本に紹介され、まだ間もない頃。当時の日本人の、西洋文化への憧れというものを具現化したものが富士屋ホテルだったのではないかと思う。日本の伝統テイストを盛り込みつつ、西洋への憧れをホテルというもので日本人は表現したのだ。少し前まで江戸時代だったのだ。文明開化の頃の憧れを味わうホテルなのだ。

富士屋ホテルのアップルパイ、なんと大正4年から引き継がれているレシピなのだそうだ。

さあ、あなたもロマンスカーに乗って、文明開化ロマンを・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top