ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

思い立ったらロマンスカー 

 

高級旅館滞在記ブログ、これらのブログを愛読している。自分では書けない。いちいち料理を写真に撮るとか、部屋の細部を撮るとか、とても面倒に感じる。でも他人のブログを読むのは好き。実際に宿泊先を決める際にも、とても参考になる。旅館やホテルのホームページでは得られない情報などもあったりする。ただ、個人ブログの場合、かなり主観的なものもあったりするので注意も必要だ。自分はどこを重視するか、それが人によって異なる。なので、自分の好み、感性と似た人のブログを読むようになる。このあたりはピアノブログと同じだなと思う。

僕自身は、温泉の泉質などはどうでもいい。循環だろうと気にしない。眺望もこだわらない。窓を開けると寂れた駐車場・・・というのは困るけれど、目の前が広がる海原でなくてもいい。

最近は、純和風旅館は流行らないのだろうか?部屋食で担当の仲居さんが、バッチリお世話してくれて、食事中に女将が挨拶に来るような旅館。「仲居さんに、いくら包めばいいかしら?」みたいな旅館。個人的には、このような旅館が好き。

最近流行りの旅館、食事は食事処、布団ではなくベッド。気軽でいい感じではあるが、ちょっと物足りない。ホテルという手もある。ホテルの場合、食事は朝食のみの代金だったりするので、お財布にもやさしい。まぁ、ホテルにもよるが。

何故かロマンスカーが子どもの頃から好きだった。京成線にもスカイライナーという特急があるけれど、あの電車は移動手段という感じで、成田に憧れて・・・という感じではない。ロマンスカーの終点は箱根。これは大きい。箱根って東京からだと、思い立ったらすぐに行けるような気軽さがある。そこが好き。様々なタイプの宿泊施設があるけれど、伝統ある富士屋ホテルなどどうだろう?

富士屋ホテル、最も安く堪能するには、レトルトのカレーを買う。これなら1000円以下で富士屋ホテルを味わえる。でもこれではちょっと寂しい。800円以上するレトルトカレーを自宅で食べる、これは寂しい。

富士屋ホテルは日帰りでも楽しめる。建物内部の鑑賞ツアーなどもあるし、ランチだけ堪能することもできる。カレーライスもメニューにはあるが、なんというか、カレーを単品でオーダーできる雰囲気ではなかったりする。カレーライスだけで2000円以上するのだ。

できれば富士屋ホテル、お泊りしたい。猫足の浴槽とか、いい感じだ。チャップリンがかつて宿泊した部屋に泊まる・・・なんて素敵ではないだろうか?冷静に判断すれば、それほど衝撃的なお値段でもないような?

思い立ったらロマンスカー、箱根登山鉄道に乗り換えて、あなたも富士屋ホテルへ・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 1

△top

コメント

 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2017/09/24 19:12 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top