ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

残像 

 

たしか天気予報をテレビで見ていたのだと思う。いきなり画面が変わり「北朝鮮がミサイル発射」という画面に変わった。アナウンサーが速報として話すのではなく、文字画面だけというのが非常に不気味ではあった。「どうせ日本上空を飛んでも太平洋上に落ちるのだろう、いつものように」という弛緩した考えが浮かんだ。同時に画面で説明された「頑丈な建物、地下に避難してください」という文字に緊迫感を感じたのも事実だ。頑丈な建物って?ミサイルに対してそんなもので身を守れるのか?つまり日本国民はどうしようもないということか?そうも感じた。

平和だから、平凡ながら幸せだからピアノを弾ける。たしかにレッスンに通い、人前で弾いて一喜一憂、サークルの打ち上げではピアノ仲間と談笑・・・たしかに平和な構図だ。明日には親が倒れるかもしれない、自分も倒れるかもしれない、いつまでピアノライフを送れるだろう?癌を宣告されたら?ピアノどころではないのでは?

幸せだからピアノを弾いているのだろうか?では、なぜ一曲を通して弾けなくなるほど体力が落ちても練習していたのだろう?泣きたくなる想いで「もう大曲は弾けないんだ」と自分に言い聞かせようとした。でもピアノに向かった。サークルの練習会にも参加した。途中、駅のベンチで意識を失いそうになっても参加した。あの頃は幸せ・・・ではなかった。でも弾いていたのは何故だろう?

人は幸せだから、平和だからピアノを弾いているのだろうか?楽しいから弾いているのだろうか?

昨年の10月、ポーランドのアンジェイ・ワイダ監督が亡くなった。享年90。このポーランドの巨匠の最後の映画、「残像」・・・この映画は、ある芸術家の晩年を描いている。ヴワディスワフ・ストゥシュミンスキという人の晩年。この人は前衛的な作品を残しているらしい。ウッチというポーランドの都市に近代美術館を設立し、ウッチ造形大学の設立にも寄与している。この造形大学、現在ではウッチ・ヴワディスワフ・ストゥシュミンスキ美術アカデミーという国立の美術大学となっている。戦後のスターリン主義時代、芸術が社会的リアリズムのために利用されていた。その動きに真っ向から対立した芸術家として知られているらしい。

アンジェイ・ワイダ監督も、レジスタンス運動に参加し、ウッチの映画大学で学んでいる。同じ都市でストゥシュミンスキの反骨精神を同時期に実際に感じていたのかもしれない。死を予感していたワイダ監督は、遺作としてストゥシュミンスキを描きたかったのではないだろうか?想像だが・・・

最後は画材を売ってもらえなくなるほどの迫害を受ける。それでも慕ってくれる弟子たちはいた。創作意欲というものは衰えなかった。幸せだったのだろうか?ストゥシュミンスキはスターリン主義時代の迫害以前に、第1次大戦で片腕と片足を失っているのだ。それでも何かを表現しようとしてきた。幸せだったからだろうか?ポーランドが平和だったからだろうか?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: kinema

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

kazさん、今回の記事、タイムリーだなと思って読ませていただきました。

こちらのブログはかなり遡って読ませていただいており、
kazさんのピアノ(音楽)に対する真摯な向き合い方を大変強く感じます。
kazさんの演奏や記事から感じるものは、表現せずにはいられないという強いエネルギーです。

なので今回の記事、すごく納得です。

理想なのかもしれないけど、平和な世の中が未来永劫続いて欲しいです。

ね~み♪ #- | URL | 2017/09/16 14:38 | edit

ね~みさま

日本だけではなく、どの地域においても平和であって欲しいですね。人はそれぞれ異なり、それは個性であり、その個性というものを前提に、人は皆同じなのだという気がしています。

演奏を聴いて、心が動くことがあります。光が差し込む感じです。同じレベルで演奏するためにピアノを弾いているわけではない。後退はしたくはないですが。感じた光、見えた光に自分も触れたいと思うんですね。進度というのかな、要領というのかな、器用さというか、その部分は人それぞれであると思うのです。でも「私は下手だから・・・」とか「初心者だし・・・」「趣味なんだから」と光を自ら遮断してしまう必要もないと・・・

kaz #- | URL | 2017/09/16 15:23 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top