ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

明るいポーランド 

 

自分の中のポーランドを綴ると、どうも話題が暗くなりがちだと感じた。暗いブログ?ポーランドという国の歴史がそうさせるのか?何かポーランドの明るい話題はないものか?

料理の話題であれば、そう暗くもならないのでは?「ショパンとピエロギ」とか?ショパンがジョルジュ・サンドのためにピエロギを作ったと想像してみるとか?でもショパンって、あまり料理が得意だったとも思えない。あくまでもイメージだが・・・

ふと思い出したのだが、たしかポーランドにフィギュアスケーターがいたな・・・と。記憶としては曖昧だ。「へえ?ポーランドにもこんなに凄いペアがいたんだ」と、そのカップルの演技を観て感じた記憶があるだけだ。いつの頃だったか、それも曖昧だったりする。でもフィギュアスケートだったら「明るいポーランド話題」になるかも?

ちょっと検索してみると、ドロタ・ザコルスカ&マリウス・シュデクというカップルだった。オリンピックは3度出場している。長野、ソルトレイクシティ、トリノ。すべて10位以内になっていて、非常に息の長い安定した実力を持つカップルだったことが分かる。世界選手権には連続13回出場。これも凄いと思う。やはり常に10位以内の成績を残していて、一度だけ世界選手権で3位になっている。この時のメダルがポーランドにとって初めての世界選手権でのメダルであり、現在も彼らのメダルが唯一のポーランドフィギュアのメダルともなっている。

むろん、ポーランドはフィギュア大国とは言えないだろう。ロシアやアメリカ、日本(シングルのみ)のようなスケート大国ではない。熾烈な国内大会を勝ち抜くというのも大変だろうが、国内には自分たちしかいない・・・というのも、また大変だったのではないだろうかとも思う。

とにかく力技というのかな、リフトが素晴らしいカップルだ。女性も凄いが、男性も凄いのではないだろうか?支えるという意味で・・・

オリンピックシーズンで引退をする選手が多い中、このカップルは、翌年も現役を続行した。理由としては、一年延長すれば、地元ポーランドで開催される欧州選手権に出場できるからということだったらしい。オリンピックの翌年、世界選手権が東京で開催された。女子シングルで安藤美姫選手が金メダル、浅田真央選手が銀メダルを獲得した大会だ。現役最後の試合として、ザコルスカ&シュデクのカップルも東京にやってきた。

フリー直前の6分間の練習、この時男性のマリウス・シュデクが腰を痛めてしまったらしい。本番で彼らの名前がコールされても、なかなかリンクに登場しない。泣きじゃくるザコルスカの姿がリンクサイドに見えるだけだ。やがて二人はリンクに現れるが演技を始める雰囲気ではない。ザコルスカが泣きながら審判に説明する。「演技できません、棄権します」と。演技のできなかった二人に大きな拍手が湧きおこり、花束がリンクに投げ入れられたと言う。僕はこの場面は見ていない。ペアなんて地上波では放送もされなかったのかもしれない。

一般の人たち、フィギュアスケートは嫌いではないし、観ていて「いいな、素敵だな」とは思うけれど、専門雑誌を購読したり、プロトコルがどうとか、そんな専門的なことはいらない、ジャッジですか・・・と思えるほどの分析力もないし必要もない、ただ観たいというファンも多いと思う。仕方がないのかもしれないが、地上波ではシングルしか放送されない印象がある。これが残念だ。優勝争いをする日本人選手と、そのライバルたち、そこしか知ることができない。でもシングルだけがフィギュアスケートではないと思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top