ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

鉄の中のナイチンゲール 

 

「僕が育った街には色というものがなかった。モノクロの写真のようにね」Hがそう言ったことがある。僕が育った街、つまりクラクフの街のことを言ったのであろう。後年、実際にクラクフの街を歩いてみた感想としては、Hの言葉とは異なり、色彩が欠けているとは思わなかった。いかにも古都という印象ではあったけれど。クラクフ近郊には、あの悪名高きアウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所跡がある。少し前のテレビのニュースで、この場所をツアーなどで訪れた日本人観光客が過去最高になったと知った。現在は日本人のガイドもいるらしい。決して物見遊山気分で訪れるような場所ではないと思うが、ポーランドは民主主義の国になったんだなと、僕は感じたものだ。

Hの「クラクフには色彩がない」という言葉、それは収容所の存在を意味したのではないかと、その時は感じたものだが、考えてみれば、Hは社会主義国ポーランド、社会主義国のクラクフで生まれ、育ったのだ。モノクロの写真という言葉は、社会主義国という意味でもあったのではなかったか?

日本がバブリーな頃、世界の不動産やら絵画やらを買収しまくり、金満国として日本という国が知られていた頃、つまり1980年代の終わりか、1990年代の初めだったと思うが、テレビのニュースでポーランドのある風景が流れた。自由を求める大衆と、それを阻む国家権力、軍隊という風景だったと思う。ワルシャワ・・・とアナウンサーは解説していた記憶がある。人々の罵声、銃声、そのような音が乱れ飛ぶ中、建物からビラが舞い散る。受け取ろうとする人々、追い払う軍隊・・・

冬だったのだろうか、吹雪が舞っていた。映像で見るワルシャワには色がなかったと感じた。モノクロの写真のように・・・

「彼女はワルシャワのナイチンゲールと呼ばれていてね。どうだい、美しい人だろう?」祖国に関しては、どこか押し黙ってしまうような、沈黙を守るところがあったHにしては、無邪気なまでのポーランド自慢だったので、そのワルシャワのナイチンゲール、ボグナ・ソコルスカの歌声は強く印象に残っている。おそらくポーランドから持ってきたであろう、古いレコードのジャケットには、往年時代の女優のような女性の姿があった。「美人だね?」「そうだろ???」

ソコルスカは、Hが生まれる頃、Hの父親世代が聴いた歌手なのではないか?世代を超えて愛されている歌手なのであろう。色彩のない社会主義国ポーランドに、彼女の歌声が流れたのだ。強烈な印象をポーランドの人々に残したのではないだろうか?

ワルシャワのナイチンゲールを聴いている時だけは、人々は自由を得て、空を飛翔している気分になったのではないだろうか?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top