ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

エフォルトレス 

 

ミルシテインは、若い頃の映像でも身体をクネクネと動かさない弾き方だったようだ。それは82歳になっても変わらず。

エフォルトレスという言葉が浮かんだ。エフォルトを感じさせない。力感というのかな、「さあ、頑張るのよ」みたいなものを感じさせない。むろん、練習は頑張っているのだろうが、舞台でオーディエンスに、それを感じさせない。これは黄金時代の流儀なのだろうか?

お爺ちゃんになってからのホロヴィッツの演奏、演奏姿も同じく「エフォルトレス」を感じる。そう言えば、ミルシテインとホロヴィッツ、たしか共演していたはずだ。ビジュアル熱演というのとは正反対の演奏だったのではないだろうか?

人間って、このようなこともできるんだ・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: Violinists

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top