ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

82歳の少年 

 

ナタン・ミルシテインというヴァイオリニスト、この人はショパンのノクターンの実に美しい編曲で知っていた。また、最近よく演奏されるようになった「パガニーニアーナ」の作曲者として。

ヴァイオリニストとして、この人の演奏をじっくりと聴くということは、今まであまりなかったのだが、彼のラストコンサートのCDを聴いて、椅子から立ちあがれなくなるほど驚き、感動してしまった。ラストコンサート、つまり引退公演だったのだろう。ミルシテイン、82歳の時だ。

82歳・・・そうだよね、もう引退だよね、お爺ちゃんだもの。

でもステレオから流れてくる演奏は、お爺ちゃんではなかった。なんと艶やかで若々しいのだろうと・・・

モチベーションが維持できなくなったり、落ち込んだりした時に聴くと、何かを肯定できるような、光をもらえるような、そんな演奏だと思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: Violinists

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top