ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

弾き切る厳しさを示すという優しさ 

 

音楽を聴く喜びだけではなく、ある種の厳しさのような、威圧されてしまうような、そんな演奏。聴く人の立ち位置によってその印象は変わるのかもしれない。全く楽器を演奏しない人にとっては、また印象は異なるのかもしれない。

かつてAさんを苦しめた(?)ズカーマンの演奏、僕は全くヴァイオリンを弾けないけれど、Aさんの気持ちは、なんとなくだが分かるような気がする。「ヴァイオリンはここまで弾き切るものだ」みたいなものを突き付けられるというかね。

似たような印象を感じた演奏があったな・・・と記憶を辿ってみた。

シュロモ・ミンツの演奏。むろん、ヴァイオリンを弾く人にとっては、ミンツは有名人なのだろうが、もっとピアノ弾きにも知られて欲しいヴァイオリニストの一人だ。

アンコールでパガニーニのカプリスを弾いている。まぁ、カプリスは、どの曲も短いし、無伴奏なので、コンチェルトのアンコール向きなのかもしれないが、超をつけたいほどの難曲なのではないだろうか?

オケのメンバーは若い人ばかりだ。非常に若いオーケストラ。ミンツは、オケメンバー、特に弦奏者を意識してカプリスをアンコールで弾いたのかもしれない。「ヴァイオリンという楽器はここまで弾くものなんだよ」それは若い奏者たちへのミンツの愛情だったのかもしれない。激励のような?

聴く方(若い弦奏者)の心中は複雑なものだったのではないだろうか?完全なるオーディエンスの立場であれば、「凄いよねぇ・・・」となるだけかもしれないが、自らヴァイオリンを弾く人にとって、この演奏は「キャッ!凄~い!」だけでは済まされないような?どこか問いただしているような演奏だ。

「あなたは、どこまで音楽、演奏を追っていますか?」このようなものを突き付けてくるような?

ミンツの後ろで聴いている弦奏者たちの表情、なんとも言えないような、複雑な表情をしているように感じる。ミンツと自分の技量とを比較してどうこうなどという単純な話ではなく、楽器と、どのように対面してきましたかと・・・と、自らを問いたださなくてはいられないような、問いただしているような、そんな表情。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top