ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

表現なのか、説明なのか? 

 

中野 翠の「小津ごのみ」(筑摩書房)という本と共に小津映画を楽しんでいる。この本はローアングルがどうとか、映画技術がうんたら・・・ということではなく、変わった切り口の本というか、非常に斬新、かつ分かりやすい小津入門書だと僕は思っている。

この本の中で著者が小津映画について語っているところで、「これってピアノ演奏と同じだ!」と感じた箇所がある。どうして往年のピアニストや歌手ばかり聴きたくなるのだろう?とても上手で文句なんか一つもないけれど、どこか楽しめない現代の多くのピアニストたちの演奏、彼女の文章が僕の「ピアニストごのみ」を代弁してくれているような気がする。少々長いが、引用してみたい。

以下引用

小津映画に親しむようになってから、多くの映画がうるさく感じられるようになった。いや、逆か。映画の多くがうるさく感じられるようになったから、小津映画に吸い寄せられたのかもしれない。ここで言う「うるさい」というのは「騒々しい」という意味ではなく「煩わしい」という意味です。悲しい場面になると、演者が悲しい顔やしぐさをして(時には鼻水まで垂らしたり、天を仰いだりまでして)、悲しいセリフを吐き、悲しい音楽が流れる・・・これでもかこれでもかとばかり、見る者を一つの感情へと、出来合いの大ざっぱな感情へと追い立てようとする。そういう映画を世間では「わかりやすい」と言うのだが、私は「うるさい」と感じる。顔を歪めるのも涙を流すのも内面吐露も切々たる音楽も50パーセントOFF、五割引くらい控えめにしてもらいたい。

子どもじゃないんだ。そんなに「ここは悲しい場面」と説明されなくても、普通の人間なら十分に察するところだろう。そもそも、どこにどう悲しみを見出すかは見る者の自由じゃないか。「喜怒哀楽」と言うけれど、実際には人間の感情はそれほどハッキリと割り切れたものではない。ほとんどつねに、悲しみも一色ではなく、おかしみの入り混じった悲しみ、怒りを帯びた悲しみ、恐怖にも似た悲しみ・・・などさまざまなニュアンスがある。これでもかこれでもか式の感情表現では、そうしたニュアンスを察して味わうことは難しい。大ざっぱで、型にはまった平板な悲しみしか伝わってこないのだ・・・などと、頭の中で演説が始まってしまうのだ。

引用終了

そうなんだよな、と思う。「上手じゃない?」「ミスもなく立派じゃない?」そう思う。見事な演奏だよね。事務処理のようにサクサク・・・というわけでもない(そのような演奏も実は多いと思うが)、一応表現のようなものもある。いや、それは「表現」なのだろうか、「説明」ではないか?「このような曲なんですよ~」というものを減点なく示されても、聴いているこちらとしては、「乗れない」のだ。音楽という翼に一緒に乗れない。演奏者は一生懸命に演奏者。聴き手はどうしたらいいのだろう?なぜにその曲を弾いているの?その理由が不明のまま、曲解説を聴かされているような気分になる。

大袈裟な演技もない。ドラマティックな音楽が壮大に流れるわけでもない。いかにもラブシーン・・・のようにカメラワークもグルグルしたりしない。セリフも最小限。でもこれは感情の「説明」ではない。感情表現なのだと思う。小津式表現・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: kinema

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top