ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

楽しくも辛くもないもの 

 

ピアノって楽しければいい。プロではないのだから。趣味なのだから。

昔から、なんとなくこの感じ方には疑問を持っていた。憧れの曲、両手で一応弾けて、音が鳴れば楽しい・・・そうだが、それ以上は求めないものなのだろうか?

反対に、根性練習というのか、何時間もピアノに向かい、苦しさを乗り越えた人だけが本当の演奏ができる、このような感じ方にも疑問を持つ。練習したから・・・ではなく、何かをしたいから練習するのでは?順番が逆では?

趣味コースで楽しく、あるいは音大受験コースで厳しく、ピアノってそれしかないの?趣味でも音楽的に美しく弾きたいって、あってはいけないの?

楽しく、辛く、どうしてこう真っ二つに分かれてしまうのだろう?

音楽に包まれるような感じがする。「辛いよね、でも皆もそうなんだよ?包み込んであげるから、その気持ちをキープして形にしてごらんよ?」ある種の音楽、演奏を聴くとそう言われているように感じる。「今度はあなたがやってごらんよ?」みたいな?

ワッ!キャッ!ワクワク・・・という楽しさでもない。自分否定につながるような厳しさ、修練とも違う。切ないと言えばそれに近いが、苦しいわけでもない。

このような動画を観た後に感じる心の動き・・・この時の感覚に近いだろうか?

これは香港のコマーシャル・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top