ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

まず歌・・・そして、なんちゃってソルフェージュ 

 

このような動画を見ると、やはり最初は歌・・・なんだなと思う。メロディーを美しく歌う、指で歌う・・・

でも、ピアノの譜面は真っ黒だ。譜読みは面倒。

絶対音感とか、必要なのだろうか?音楽表現と絶対音感、非常に広い意味でのソルフェージュ能力と解釈して、これらのものはピアノを弾いていくうえで必要なのだろうか?

楽譜を見てサウンドが頭の中で鳴る、これは非常に便利だと思う。「まぁ、沢山の音、一つ一つ読んでいかなくちゃだわ」でないとピアノで再現できないとなると、どうしても譜読みは音拾い化してしまうものかもしれない。音が頭の中で鳴る、この能力があると、なんちゃって弾きが容易になる。別に楽譜通りの音でなくても、和音構成が同じであれば、ワーッとハーモニーをなんちゃって~といきなり弾くことができる。ハーモニーの移ろいによる感情の高まりとか、メロディー以外の要素も譜読み段階で再現できる。パッセージは、別に取り出して練習すればいいわけで、全体を掴む、表現ツボは逃さない・・・みたいな練習がいきなりできる。別に和音記号の知識なんて必要ないのでは?

音大ではソルフェージュの授業というものがあるはずだ。もしかしたら、音大生や音大卒の人とアマチュアとの大きな違いは、ここの有り無しではないかと想像するけれど、実際の演奏からは、そこのところが今一つ(全く?)感じることはできなかったりする。つまり、音大生の演奏から「さすがソルフェージュ能力は演奏そのものに反映されるんだわ」などと感じることは少ない(ない?)。

きっと僕には絶対音感というものがあるのだろうと思う。譜面を見てサウンドが鳴るから。でも小学生の前半は楽譜が読めなかった。「あなた、バカじゃないの?」と先生から言われた記憶は鮮明だ。

難関と言われている音大の入試、特に聴音の試験問題などをやってみると、「これは音取りクイズですか?」みたいな、これのどこが演奏というものにリンクしていくのだろうと疑問に思う。あるテレビ番組を思い出す。芸能人のクイズ王番組のようなもの?「博識だねぇ?さすが京大!」みたいな?でも博識と知性は同じではないように、音取りクイズ的なものがソルフェージュ能力であるならば、それは演奏そのものとは関係ないようにも感じる。

フォルマシオン・ミュジカルという、総合的なソルフェージュ能力のような概念があるらしい。パリ音楽院などが大元締めなのだろうか、有名というか。「来週までにモーツァルトの〇番のコンチェルトを弾いてきてね、あっ、カデンツァも書いてきてね」パリ音楽院では普通でも、日本の一般的な音大では「えっ???」となるのではないか?「私、ソリストになりたいんで、作曲家になりたいわけでもないし」みたいな?この概念の違いが、音取りクイズとカデンツァ書いてね・・・の違いなのかもしれないし、表面的な音並べ演奏というものへも関係があるのかもしれない。

アマチュアの場合、むろん「来週までにカデンツァを・・・」は必要ないと思うけれど、楽譜を見てサウンドが鳴れば便利だと思う。

まず、単旋律を片手で歌手のように弾けるだろうか?伴奏を「なんちゃって~」でいいので、いきなりつけられるだろうか?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top