ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

単旋律が弾けない 

 

ピアニストには簡単にできて、どんなに卓越した歌手にもできないこと、それは同時に多くの音を奏でること。合唱だったら別だと思うけれど、独唱だったら、これはできない。一人で全部・・・これはピアノの特色だと思う。この特色ゆえに、同時多発のことを行う難しさがある。このあたりが、譜読み=まず音を拾わなきゃ、鳴らせるようにしなきゃ・・・的な方向に行きがちなのだと思う。これはピアノの弱点になる可能性もある。一本だけの線、長い音符、短い音符、高さの違い、メロディーというものを、歌手ほど緻密に捉えなくても、なんとなく「まず譜読みを・・・」でも、やることは沢山出てきてしまう。

まずはメロディーを自分で歌ってみる・・・これはいい練習方法だと思う。人前でだったら恥ずかしくてできないけれど、一人だったらできる。歌うように一本の線をピアノで弾いてみる。音符の連なり、順次に上がっているのか、跳躍しているのか・・・等々に気をつけて素敵に弾いてみる。歌手になりきることが重要。歌ってみて、自分の指にも歌ってもらうのだ。意外と自分の歌に比べて、お指が「ずさん」だったりするものだ。「えっ、単旋律なのに(だから?)素敵には弾けない」みたいな?

ここで卓越した歌手の歌唱を聴いてみる。楽譜を見ながら聴いてみると、ピアノ曲よりも、はるかに音の少ないメロディーだけの楽譜を、実に細やかに歌っていることに気づいていく。

いわゆる「ピアノの譜読み」だったら、見過ごしてしまうような、なんでもない3度の音程などで、歌手は何かしらをしているはずだ。下手な歌手もいるけれど、聴いてみて「あら、素敵」という歌唱であれば、その歌手はなにかしらをしている。ドミというただの3度でも、もう「ミ」の音の歌い方が違うのだ。

自分の指で、ピアノで歌手のような「ドミ」を再現してみる。この段階では自己流・・・ということになるかもしれない。できないかもしれない。結構楽譜の黒い、音の多い曲を弾いているのに、一本線が素敵に再現できない、ただの「ド・・・ミ」がガツンとしか弾けない、こんなこともあるだろう。

ミの音を弾くためのテクニックというものがある。実際にドミの音そのものは出せているのだから、メカニックはあるのだ。でも素敵な「ドミ」にはテクニックも必要となってくる。

レッスンで先生に習ってみよう。具体的なテクニックを伝えてくれるだろう。実際に素敵な「ドミ」を聴かせてくれるだろう。説明してくれるだろう。でも生徒が「素敵なドミ」を求めていなければ、先生も伝えることが難しいかもしれない。

マックス・ラーベというドイツの歌手をご存じでしょうか?第1次世界大戦と第2次世界大戦の谷間、ベルリンに咲いたキャバレーソングを忠実に再現している歌手だ。彼にとっては祖父の時代の歌を歌っていることになる。黄ばんだような楽譜を発掘し、当時のまま、現代風のアレンジなしで再現している。1920年代から30年代の歌が多い。

実に、実に素敵な歌唱だ。とても素敵な「ドミ」ではないだろうか?

まずは旋律を自分で歌ってみる。そしてその旋律を片手で弾いてみる。

マックス・ラーベのように弾けただろうか?弾けたらいわゆる「譜読み」をしてみよう。迷ったら、またマックス・ラーベのように片手で歌ってみよう。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top