ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

二人でお酒を 

 

梓みちよ、「こんにちは赤ちゃん」の大ヒットで知られる。この曲のイメージ、いわゆる清純派のイメージが梓みちよには負担だったようだ。実際には10代の頃からお酒や煙草が大好きだったそうで・・・

梓みちよのイメージチェンジ、平尾昌晃が提供した、この曲からだったのではなかろうか?

この曲から連想するのは、小学校3年生説。平尾昌晃は作曲家、平尾貴四男の甥にあたる。もしかしたらクラシック畑ni進んだ可能性もあったと思うが、そうはならなかった。小学校3年生の時、ある将校から貰ったジャズのレコード、このレコードが平尾昌晃の運命を決めた。

「二人でお酒」という曲、どこか西洋っぽい雰囲気を感じたりする。五木ひろしに「よこはま・たそがれ」「夜空」を提供した人とは思えないような、どこか、いつもの歌謡曲とは雰囲気が異なるような?一枚のセピア色のジャズのレコード、小学生の時に出逢った西洋・・・そのようなものを感じる一曲だ。

梓みちよ、1943年生まれということだ。歌唱力と共に、その若さに驚く。この曲は平尾昌晃の名言をも連想させる。シンプルだけれど、とてもいい言葉だと思う。

「いつまでも青春」  平尾昌晃

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top