ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

涙への信頼 

 

「プロじゃないし」「音大なんて出ていないし」「まだピアノを再開して間もなくて初心者だし」

現在の立ち位置のようなものはあるだろう。その人それぞれの。でも皆同じではないかと思うことがある。それは演奏、音楽を聴いて心が動くという摩訶不思議な現象。

「この曲を聴くと涙が出てしまう」「なぜこんなに哀しくなってしまうのかな?」「ああ、もうどうしていいか分からないぐらいにこの演奏が好き」みたいなこと。

私はチェルニー30番だから、30番程度の感動、誰それさんはショパンのエチュードを弾いているから、ショパンのエチュード仕様の感動があるんだわ。こんなことはない・・・と思う。

純粋に鑑賞者として心が動いた、ここに音楽歴での差はないと思う。むろん、経験や訓練によって聴き方が違ってくる、深く聴こえるというか、それまで聴こえなかったものが聴こえてくるということはあると思う。でも、初心者はこれぐらいとか、上級者はそれなりの感動とか、そんなことはないと思う。音大生とアマチュアの感動能力の差というものは、僕はないと思う。あるとしたら、個人的な差・・・ではないかな?

フレイレだから、自分が受けた感動を、このように、さらに他人に渡せるのかな?フレイレじゃないとダメなのかな?感動した、聴いて涙したということは、実は凄いことなんじゃないかな?

信じるということかもしれない。自分を導いてくれる師を信じる、涙溢れた自分を信じる・・・

ピアノに関して、死ぬときに「やっておけばよかった」と後悔するのは、この部分かもしれない。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top