ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

運動していますか? 

 

年齢も年齢だけに少しは健康のことを考えるようになった。まずは食べる物。コンビニ弁当などは避けるとか、化学調味料は使わない、例えば、安易に「めんつゆ」などに頼らず、出汁も自分で煮干しからとか、煮干しそのものもカルシウムだから食べてしまうとか・・・

むろん、徹底はできないけれど、このような健康に良さそうな食生活をしていると、食生活が、お坊さんの食事のような、どこか地味で華やかさに欠けてくるところはある。洋食というものも作らなくなっていくし。でも、日頃地味な分、たまの外食が美味しく感じる利点はある。

食生活に関しては実行できるのだが、運動に関しては、なかなかできない。昔から運動とかスポーツって興味がなかった。さすがに何かはしないととは思うけれど、とてもスポーツクラブに入会して・・・のような積極性は持てない。このあたり、皆さんどうしているのだろう?

わざわざ「ウォーキング」と称して歩くことはないけれど、でも割と歩く方なのではないかと思う。歩くというか、散歩というものが好きなのだと思う。万歩計というものはお勧めだ。歩くことに張りあいが出てくる。地下鉄の乗りかえなど、駅によっては「同じ駅?」と思うぐらいに歩かされることがあり、○○線まであと450メートルなどとあると、以前だったら殺伐とした気持ちになったものだが、万歩計を持つと、「おっ、〇歩もかせげる」のように、気持ちの持ちように変化が出てくる。

夏は暑いので、自宅運動。ヨガなど、DVDや本を参考にしながらやったりする。初めは「こんなポーズ無理!」と思っても、徐々にそれらしい形になってきたりすると、人間は成長できるのだな・・・などと少しだけ感じたりする。

ヨガの本もそうだが、もっと一般的な自宅運動用(?)の本、体操みたいなもの?そのような本も参考にして数分、自宅で運動したりもする。このような本で、なんちゃって運動をしていると、時に思うことがある。本では、いとも簡単に「~しましょう」とか「写真のようなポーズをまずしてください」などと書かれているのだが、そのようなポーズそのものができないことがある。

「これって、僕だけが運動音痴ということなのだろうか?身体が固いのだろうか?一般の人は本に書いてあるようなことを普通にできるのだろうか?」

「片足屈伸をしましょう。両手を前に出し、片足だけでしゃがみましょう。その状態で手を使わずに立ったりしゃがんだりしましょう」などとある。これ、できない。コサックダンスのようではないか?こんなこと、普通の人はできるのだろうか?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top