ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

脳みそは柔らかいんだから・・・ 

 

あるピアニストの演奏による、ある曲を聴いた。そして感動した。ハンカチが濡れるほど、いや、バケツ一杯もの涙さえ流せるほど感動した。ピアノを習っている。なので自分が聴いて感動した曲を弾きたいと、心から弾きたいと思う。

そして練習を始める。まだ譜読みも完全ではないし、弾きこなせないパッセージも山ほどある。それはいい。すぐにピアニストのように弾けるようになりたいわけではないのだから。でも、そうではないのだ。時間を費やしても、とても自分が聴いて感動した演奏に自分が近づけるとは思えない。なんというか、弾くだけで、音符を並べるだけで精一杯という演奏から超えられそうもない。表面上は弾けていくとは思うが、なんだかそれだけで終わりそう。何故?

感動した、それは曲に秘められた、あるいは込められたものを察知したということだ。まず聴いてそれを察知したので、感動したのだと思う。感じること、察知することはできたのに、自分では無理・・・

これは多くの人が感じていることではないかと思う。中には、それが普通でしょ、ピアニストじゃないんだから・・・とそのことを当然と思っている人もいそうだ。たしかに、我々はアルゲリッチでもホロヴィッツでもない。

でも、せっかく感じることができるのに、「自分には才能がないし」とか「感性の違い?どうにもならないよね?」と夢を捨ててしまったら、つまり「自分には音楽的に弾くことなんかできない」と思ってしまったら、すべてがそこで終わるような気がする。

音楽的に弾く方法を知らないだけかもしれないのに・・・

具体的な方法論はピアノ講師ブログを読んで頂ければいいと思う。僕などにはそのような資格もないし、第一、方法論など持っていない。ただこれは言える。「決めつけずに頭を柔らかくしてあきらめない」ということ。自分は俗物なので、高尚なクラシック音楽なんて分析できないし、音楽的に弾くなんてことは、プロになるわけでもないし・・・と本当に思っているのだったら、まず悩まないのでは?「なんで自分の演奏は・・・」なんて悩まない。心のどこかで「ああ、もっとこう弾けたら」と少しでも思うから悩む。だったら、プロとかアマチュアとか、上級者とか初心者とか分けてしまわずに、「音楽に触れたいな」というところに突進してしまえばいいのだと思う。

感じたのに、それを「自分のピアノ」と完全に分離してしまうのは、物凄く勿体ないような気がする。そもそも感じない人はピアノなんて面倒なもの、弾いていないんじゃないかな?

まずは頭を柔らかくする。「プロじゃないし~」とか「私は○○なのでぇ・・・」とか、諦めない。頭を柔らかく、これはマジョリティーの一般的考えのようなものを無批判に受け入れないということ。まずは「私はどう思う?」「私はどうしたい?」と自分を見つめる。本当はどうしたいの・・・と。

これはアメリカの、ある保険会社の動画だ。二人のパパと娘。さすがにアメリカでもこのような家族は珍しいからコマーシャルに登場するのだろうけれど、まあ、日本では考えられないとは思う。この家族をどう思うか?二人のパパ、つまりゲイの両親と子ども(赤ちゃん)という家族を・・・

「えっ?ゲイ?つまりホモの両親?気持ち悪い・・・」「異常なんじゃない?」と思う人も相当数いるのかもしれないが、こう思う人が多いかもしれない。

「なにも子どもまで持とうと思わなくても・・・」「子どもはどうなっちゃうのかしら?」「ゲイであることは罪ではないと思うけれど、普通の人(?)のように権利を主張するのはどうかと思う。日陰でひっそり暮らしているべき」「やはり子どもは母親が育てないとね」

個人的には、ヘテロのカップルでも結婚や子どもを持たないことを選択する人たちはいるだろうと思うし、反対に家庭を持つ人生を望む人もいるだろう。そこに人として選択の自由がある。ゲイも同じ人間なのだから、ヘテロのカップルのような幸せ、家庭を持つ幸せを望む人だっているのだ。持たない幸せを持つ人もいるだろうし、つまり「同じだ」と思う。同じであるべきだと。でも現実には、そこに差がある。

頭を柔らかくしてみる。「ゲイ?気持ち悪~い。私たちは正常よ」と思うのは勝手だと思うが、もし自分たちの子ども、あるいは孫がゲイとして生まれたらどう接するのだろう?その可能性は確率として皆無ではないはずだ。

親として、我が子、孫がゲイとして生まれたなら、「できるだけ(ゲイとして生きるうえで)障害の少ない世の中になっていきますように」と願うのではないだろうか?それが親心なのではないか?「ゲイ?病気でしょ?治療しなきゃ」なんて思う親、一昔前ならともかく、そんなことを思う親は今は少ないのではないだろうか?

ゲイに対しての自分の感情・・・だけではなく、未来にまで思いを馳せてみる。つまり少しだけ頭を柔らかくしてみるのだ。「もし息子、娘からカミングアウトされたら」とか。

この動画でもパパたちが言っている。

「20年前だったらゲイのカップルが子どもを育てるなんて考えもできなかったよ。自分たちは多くの障害を乗り越えてきた。この娘が成長した未来には、そのような障害はできるだけ少なくなっているといいと思うよ」

自分たちがしてきた苦労を、自分の娘・・・というかその世代の人たちにはさせたくない・・・と思っているのだ。ゲイ?そのことに対して「いい」とか「悪い」だけではなく、そのような発想もしてみる。柔らかくしてみるんだ。

才能がないから音楽的になんか弾けないんだわ・・・

そうではなく、音楽的に弾くための法則、方法のようなものを自分は落としているんだわ・・・と柔らかく感じてみる。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top