ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

鑑賞能力 

 

グラナドスのスペイン舞曲集では有名な「アンダルーサ」よりも、この「オリエンタル」の方が好きだったりする。ジェームズ・クレーガー、むろんチェロを学んでいる人には有名な人なのだろうが、一般的なピアノ弾きにはそれほど有名な人でもないのかもしれない。例えばミッシャ・マイスキーほどの知名度はないように思う。地味目か?でも僕はこの人のグラナドスは好きだな。

曲を演奏するほうが、ただ聴くだけよりも難しい・・・

そうなのか?・・・と最近は疑問に思ったりもしている。むろん、ショパンのバラードを聴いて「素敵な曲だわぁ・・・」と感じる方が、バラードを「素敵ね」と聴き手に感じさせるように演奏するよりは簡単だとは思う。聴くだけなら毎日練習しなくてもいいし。でも聴くって簡単なことなのだろうか?

個人差というか、聴き手の主観的要素、これは、かなりあると思う。ツィメルマンの完璧に近い演奏に居眠りしそうになる人が、学生の、あるいはアマチュアの未熟で荒い演奏に「どこか魅せられてしまう」などということもあるだろうとは思う。でもこれは聴き手の主観によるところが大きいのではないかと。つまり「すきずき」ということ。

でもただ聴くということでも「深さ」の違いのようなものがあったりするのでは?たしかに「弾く」だと深さの違いのようなものは演奏に反映されるというイメージは持ちやすいだろうが、でもただ聴くだけでも個人差、深さの違いのようなものがある・・・

つまり世の中には聴けない人もいるということ?なんとなくなのだが、最近感じたり考えたりするテーマだったりする。

「一つ一つの作品と出会うとき、メロディーの発見を喜び、和声進行の見事さに打たれ、ポリフォニーの綾に心をそそられるという意味で音楽を聴くということ・・・。心を開いて音楽に耳を傾け、そこに多様な音表情(音構造だけではなく)を感じとる経験の積み重ねによってこそ、素晴らしい音楽の扉が開かれるのです。そして、そのような意味で音楽を聴くことが出来なければ、作品を音楽的に演奏することは望めないでしょう。したがって、あらゆる音楽的能力の出発点は、何よりも先ず良き鑑賞者であることでなければならないのです」 雁部一浩:著 「ピアノの知識と演奏」

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

スポンサーサイト

category: リサイタル

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top