ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

絶対音感 

 

僕には絶対音感というものがあるらしい。絶対音感について調べてみると、どうもあるらしい。ある音を音名で認識できる能力、大雑把だが、これが絶対音感だとしたら、僕にはそれがある。あるとピアノに有利なのか?ここのところは色々と語られたりしているようだが、有利とは言えないと思う。でも便利・・・ではあると思う。何が便利なのか?ある音をポンと聴いただけでA(ラ)の音と認識できることよりも、その反対、A(ラ)の音が印刷された音符を見ただけで、頭の中でAの音が鳴る。これは便利だと思う。

譜読みは早い方なのかもしれない。人と比較したことはないけれど。頭の中で、弾かなくても単音だけではなく、和音も鳴るので、譜読みには便利だろう。あとはピアノを実際に弾かなくても、例えば通勤中に楽譜を眺めると音楽が鳴るので、暗譜も早い方なのかもしれない。これも人と比較したことはないけれど。便利・・・ではあると思う。

譜読みというものが、ただ音を並べることではないとするならば、絶対音感も、それがどんなに高精度能力であろうと、音楽的表現というものと結びついていなければ、「便利かも?」で終わってしまうと思う。音符を見て、正確にその音が頭の中で鳴ろうと、その頭の中の音が「ただ正確に並んでいます」では実際にピアノを演奏する時にも別に有利ではないだろう。

絶対音感があると不利なこともあるように思う。生活していて日常の音が楽音に聴こえてきてしまい、気がおかしくなる・・・これはない。たしかに踏切のカンカンという音、「これは〇だな」とか、着信音は〇の音だなとは認識できるのだろうが、特に自然界の音って、楽音と周波数が同じではないと思うので、厳密に〇の音とは答えられないような気がする。ラとシの間ぐらい?かなりラに近いとは思うけど・・・みたいには感じることはできるが・・・

逆に絶対音感があると不利というか、不便なのは、移調楽器。ピアノはいいのだが、クラリネットとか。昔クラリネットを少しだけかじったことがあるのだが、記譜と実音が違うのよ。これには困った。混乱してしまうわけです。音符を見て頭で鳴る音と異なる音が楽器から鳴ってしまうわけだから。

あとは、古楽器の作曲当時の周波数で録音されたようなCD、これも困る。イ短調の曲が、ト短調に聴こえてきてしまったりする。落ち着かないのよ。相対音感の人は、このような居心地の悪さは感じないのかもしれない。

最も困るのが、実は「カラオケ」だったりする。と言っても、カラオケには生涯に3回しか行ったことはないので、全くの経験不足ではあるが、人によってはキーを下げるとか、上げるとかって、いとも簡単にできてしまうのだが、僕はそれができない。歌謡曲の場合、オリジナル歌手の歌、これはレコードとかCDの音源ということになるが、その歌の調性が頭に入ってしまっているので、「音域、高いな、低くしよう」と思っても、もうすでに調性、音が入ってしまっているので、別の調だと歌えないわけです。でも、これって音痴ということなのかもしれないが・・・

鑑賞者としても不便を感じることがある。歌曲の場合、高声用とか、低声用とか楽譜があるわけです。つまりソプラノとバリトンでは同じ曲でも調が異なる。初めにバリトンで聴きなれた歌曲は、テノールやソプラノで聴いてしまうと、調が異なるので、非常に困惑してしまう。これでは楽しみを奪われてしまうことにもなるので、歌曲だけはどの調でも聴けるように訓練というか努力をした。でも努力しなければ歌曲を楽しめないなんて、非常に不便だと思う。

ちなみに、カラオケで僕が歌えるのは、この曲だけです。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top